NEW

天皇賞・春(G1)チェスナットコート挑戦は「無謀」ではない? 「血統」の強さとそのスピード

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この芝2500mのレースを基準にして天皇賞春に当てはめてみれば、おそらくガンコは天皇賞でも人気になるだろうし、それをシュヴァルグラン、レインボーライン、クリンチャーらは無視できずマークしていく。3200mでの隊列は、逃げ馬がいれば縦長になるのは当然で、各ジョッキーの意識が前に行く。

「その時こそチャンスですね。チェスナットコートは、日経賞と同じように後方待機で追い出せば、直線が中山よりも100mほど違う京都の外回りと考えれば十分相手を捉えて差し切れます。机上の計算ではなく、実際にこの馬は長距離でも3F33〜34秒台の末脚で追い込んでますし、未勝利勝ちした新潟で芝1800mも上がり最速の32.9秒で勝っています。エンジンの掛かりがすこし遅いですが、スイッチが入ってからのキレは重賞常連の馬たちに匹敵するか、それ以上ですね。」(同記者)

 これまで東京など広いコースで勝ち星をあげており、当然京都外回りのコース替わりも有利。小倉、中山も克服済みで、矢作調教師は「 (馬場は)重ければなおいい」と言うように重巧者である。どんな場、馬場、レースでも対応可能で、中間の調子落ちもなく状態はいい。

 血統データでは、ハーツクライ産駒は4年連続で3着以内に送り込んでおり、晩成と言われるこの血統が今回爆発する可能性は十分にある。

 チェスナットコートの挑戦は無謀であるとは思わない。彼がいつもの走りさえすれば、ジンクスを破ることはできるはずである。

天皇賞・春(G1)チェスナットコート挑戦は「無謀」ではない? 「血統」の強さとそのスピードのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!