NEW

武豊を激怒させた地方騎手「記憶喪失」に呆然!? 昨年"タックル連発"で騎乗停止も「思い出せない」「ゾーンに入った」発言に違和感......

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊を激怒させた地方騎手「記憶喪失」に呆然!? 昨年タックル連発で騎乗停止も「思い出せない」「ゾーンに入った」発言に違和感......の画像1

 2001年の創設以来18回目にして、初めてJRAの京都競馬場で行われる今年の「JBC開催」。

 ダート交流重賞の祭典として開かれる地方馬と中央馬の激突に、例年以上の注目が集まることが確実視されているが、12日に発売された『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)では、昨年のJBCレディスクラシック(G1)を優勝した真島大輔騎手のインタビューが掲載されている。

 昨年、大井所属のララベルと共に地方馬として初のJBC優勝を飾った真島騎手。インタビューでは当時を振り返っているが、「どんなレースもだいたい覚えているんですけどね。あのレースだけは思い出せません」と、あまりの興奮状態に記憶も朧気な様子......。

「よくアスリートがいう"ゾーンに入る"という状態だったんじゃないでしょうかね」

 当時の記憶がない要因をそう分析している真島騎手だが、「ゾーン」という表現に違和感を覚えたのは当時現地にいた関係者だ。

「明確な定義こそないので個人の感覚の問題かもしれませんが、一般的にはアスリートが入る『ゾーン』というのは、集中力が極限まで高まった状態を示すことが多いと思います。

ただ、このレースは最後のゴール手前で真島騎手のララベルが、武豊騎手のプリンシアコメータに激しく接触したレース。結果的にララベルの優勝となりましたが、ネット上を中心に競馬ファンの間では大きな議論の的となりました。

実際に、真島騎手はレース後に騎乗停止処分を受けていますし、お世辞にも綺麗なレースとは言えない内容......『勝てば官軍負ければ賊軍』と言われても仕方ない結果で、『ゾーンに入った』と表現するのは少し違和感を覚えざるを得ないですね......」(関係者)

武豊を激怒させた地方騎手「記憶喪失」に呆然!? 昨年"タックル連発"で騎乗停止も「思い出せない」「ゾーンに入った」発言に違和感......のページです。GJは、競馬、JBCJRA武豊真島大輔の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!