NEW

武豊「神騎乗」JRA・G1「3連続3着」に「着狙い」の声も? ルメデムと一緒に「超絶美技」披露

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「神騎乗」JRA・G1「3連続3着」に「着狙い」の声? ルメデムと一緒に「超絶美技」披露の画像1

 21日に行われた菊花賞(G1)は、馬群を縫って脚を伸ばした7番人気フィエールマン(牡3 美浦・手塚貴久厩舎)が、先に抜け出したエタリオウ(牡3 栗東・友道康夫厩舎)をハナ差交わして勝利。平成最後のクラシック覇者となり、キャリア4戦でのG1ホースとなった。

 まさに「ルメール時代」。先週のアーモンドアイによる牝馬三冠、20日の富士Sをロジクライで制し、その上菊花賞も新鋭で戴冠。しかもコースをしっかり突いての図ったような差し切り勝利だ。C.ルメール騎手はウハウハ、2着に敗れたM.デムーロ騎手は悔しくて仕方がなかったに違いない。またしても「JRA外国人騎手」の勢いを見せつけられる結果となってしまったわけだが......。

「またしても」という意味では、3着ユーキャンスマイル(牡3 栗東・友道康夫厩舎)に騎乗した武豊騎手もそうだろう。

 これで秋G1はスプリンターズS(ラインスピリット)、秋華賞(カンタービレ)、そして菊花賞と「3連続3着」となった。

 インコースの中団やや後方でレースを進めたユーキャンスマイル。2周目の3コーナーから徐々に外に持ち出し、直線では外目を選択。追い出したあたりで一瞬エタリオウに前を塞がれるような場面もあったが、しっかりとスペースを見つけて馬群を抜け出した。勝ち前の2頭には差をつけられたが、10番人気での3着なら上出来といえるだろう。

「ラインスピリットではインコースを突いて、カンタービレは今回のユーキャンスマイルと同じく脚をしっかり溜めて上位にもってきました。武騎手がしっかり存在感を示していますね。京都はとりわけ得意な武騎手ですが、ペースや展開を読み切った『神騎乗』とも評価されています。

武豊「神騎乗」JRA・G1「3連続3着」に「着狙い」の声も? ルメデムと一緒に「超絶美技」披露のページです。GJは、競馬、JRAユーキャンスマイル武豊競馬菊花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!