NEW

パチンコ店「倒産」の流れ止まらず......高射幸性パチスロ撤去の期限「再検討」も不安!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチンコホールの倒産が急増している昨今。ピークとなる1995年には約1万8000店も存在していたパチンコ店だが、2017年12月末時点には1万258店まで減少している。

 この流れは止まりそうもない。東京商工リサーチの報告によると、2018年1月~10月累計の倒産数は23件。前年比2.4倍と急増した2017年同期と、同水準であったことが明らかになった。

パチンコ店「倒産」の流れ止まらず......高射幸性パチスロ撤去の期限「再検討」も不安!?の画像1
東京商工リサーチ」調べ

 公益財団法人日本生産性本部が報告した「レジャー白書2018」によれば、2017年のパチンコ参加人口は、2年連続で過去最低値を更新したことが明らかになっている。

 追い打ちをかけるように2月からは出玉規制が開始。規制が緩和されたことによって状況は一変したものの、未だ「遊技人口の減少は避けられない」といった意見は多い。

「規制の緩和によって純増が5枚を超える『爆裂タイプ』も発表されていますが、必ずしも出玉性能そのものがアップしたとは限りません。開発の幅は広がりましたが、出玉に規制があることに変更はないですから。5.9号機では作れなかったゲーム性が堪能できることを喜ぶ方もいるでしょうが、前提として出玉を重要視するユーザーが多いのは確かです。

『バジリスク絆』や『ミリオンゴッド神々の凱旋』など、高射幸性パチスロに該当する旧基準機がまだまだ設置されていますからね。両者を比較できる状況で、6号機を選択する方は少ないと思いますよ。やはり大半のホールが、高射幸性パチスロに頼った営業になると予想されていました。

しかし、そんな高射幸性パチスロの設置比率は現在の30%から来年1月末までに15%まで削減する方針が発表されました。これにより多くのホールが、さらに厳しい営業を強いられると考えられています」(パチスロライター)

 今年4月に全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は、高射幸性パチスロ機の今後の取り組みについて決議。3年をかけ段階的に減らしていくことになった旨が報じられた。

〇〇〇
【高射幸性パチスロ機の設置比率】
2019年1月31日時点
......15%以下

2020年1月31日時点
......5%以下

2021年1月31日時点
......0%
〇〇〇

 本格的に始まった高射幸性パチスロ機「完全撤去」へのカウントダウン。店舗数の減少など、さらなる厳しい状況へ追い込まれることが予想されていたが......。

 全日遊連は10月30日、上記に記した高射幸性パチスロ機の設置比率に関する計画の再検討を発表した。

パチンコ店「倒産」の流れ止まらず......高射幸性パチスロ撤去の期限「再検討」も不安!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコパチンコ店の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!