NEW

パチスロ界に「至極の名機」が見参!!「伝統マシン」でフィーバー炸裂!?【GJ新台分析―パチスロ編―】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『パチスロ フィーバークィーンII』

「至極の名機」がパチスロ界に見参!!「伝統マシン」でフィーバー炸裂!?【GJ新台分析―パチスロ編―】の画像1
SANKYO HP」より

■スペック
ボーナス合算確率:1/131(設定6)~1/156(設定1)
BIGボーナス(赤7):1/910(同)~1/993(同)
BIGボーナス(青7):1/356(同)~1/402(同)
REGボーナス:1/268(同)~1/346(同)

 パチンコで高い評価を得る人気のドラムマシン『フィーバークィーン』が、まさかのパチスロ機となって登場する。

 スペックはボーナス+RT。気になるRT性能は、全てのボーナス終了後、30G継続する RTに突入する。パチンコと同様に、安心して長く遊技することができそうだ。

 本機最大のポイントは、やはり筐体上部にある「ドラム」。リアルリールに「スタート図柄」が停止してかつ小役非テンパイで「チャンス目」が確定し、次ゲームでドラムが始動しリーチまで発展すればボーナスのチャンスだ。パチンコの醍醐味である"リールの動き"を、踏襲した仕上がりとなっている。

 通常・RT中は2つのモードから選択が可能。演出頻度の高い「Queen Mode」は、ドラム上でリーチが発生すれば大当り期待度は約50%、RT中は約15%となっている。一方、「Classic Mode」は演出頻度が限りなく低下。その分RT中の大当り期待度は「60%」と跳ね上がるなど、プレイヤーの好みに応じて本機シリーズの魅力を堪能することができそうだ。

 パチンコのゲーム性・面白さをパチスロで見事再現した『パチスロ フィーバークィーンII』。導入は来年1月中旬を予定している。
(文=編集部)

パチスロ界に「至極の名機」が見参!!「伝統マシン」でフィーバー炸裂!?【GJ新台分析―パチスロ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、SANKYOパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!