NEW

JRAダノンチェイサー「アヴドゥラで日本ダービー」外国人至上主義も「穴開け」実力評価か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAダノンチェイサー「アブドゥラで日本ダービー」外国人至上主義も「穴開け」実力評価かの画像1

 NHKマイルカップ(G1、芝1600メートル)で4着だったダノンチェイサー(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)。次にどこへ向かうのかが注目されていたが、当初の予定通り日本ダービー(G1、芝2400メートル)へ進むと「サンスポ」が報じた。

 ダノンチェイサーは、クラシック登竜門のひとつともされるきさらぎ賞(G3、芝1800メートル)で、重賞初制覇。このまま皐月賞(G1、芝2000メートル)に向かうと思われていたが、陣営はNHKマイルCから日本ダービーへ進むローテーションを発表し、ファンをざわつかせていた。

「このローテは松田国英調教師が好んで使っていたため、いつしかマツクニローテと呼ばれはじめました。クロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハ、ディープスカイらが挑戦したものの、『3週間でG1レースを2走』するため、疲労も激しく近年では強豪で採用されるのは少なくなっています。

 今回のダノンチェイサーに関し、陣営は当初からこのローテを変える気はなかったみたいですね。きさらぎ賞も勝っているので、実はダービー向きだと考えられているのかもしれません。過去にこのローテを使ったタニノギムレットは、NHKマイルCで3着に敗れたものの、日本ダービーでは勝利を収めています。ダノンチェイサーも次走で、タニノギムレットを彷彿とさせる走りをみせてもらいたいです」(競馬誌ライター)

 体力的にも精神的にも困難な道を進むことになったダノンチェイサー。さらに同記事では、これまで主戦を務めた川田将雅騎手からB.アヴドゥラ騎手へ乗り替わることも伝えている。

JRAダノンチェイサー「アヴドゥラで日本ダービー」外国人至上主義も「穴開け」実力評価かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!