NEW

JRA日本ダービー(G1)「未開の魅力」シュヴァルツリーゼは穴男・石橋脩次第?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA日本ダービー(G1)「未開の魅力」シュヴァルツリーゼは穴男・石橋脩次第?の画像1

 26日に東京競馬場で開催される日本ダービー(G1、芝2400メートル)。今年は勝ち馬サートゥルナーリアをはじめ、皐月賞(G1、芝2000メートル)で馬券圏内に入った3頭が人気を集めると見られている。そこに割って入ることが期待されているのが、シュヴァルツリーゼ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 父ハーツクライ、母ソベラニア、母父はドイツで活躍したMonsunという血統。サンデーレーシングでは1口125万円で40口が募集されるなど、期待をかけられていた。

 シュヴァルツリーゼは藤岡康太騎手を背にデビュー。新馬戦では4番手につけると、最後の直線で上がり最速33.6秒の脚を使い、後続に2馬身半差をつけて快勝。今後の活躍を予見させる走りを見せた。

 だが、そこからがなかなか続かない。翌年の共同通信杯(G3、芝1800メートル)に登録していたものの回避。そして翌週のフリージア賞(500万、芝2000メートル)へ向かうと発表されたが、結局こちらへの出走も叶わなかった。その後、陣営は弥生賞(G2、芝2000メートル)に登録し、3度目の正直とばかりになんとか出走にこぎつけている。

 二転三転しながらも、ようやく今年の初戦を迎えたシュヴァルツリーゼ。出遅れ気味にスタートしたものの、残り600メートルを切った辺りから進出。4角で鞍上の石橋脩騎手が進路を大外に向けると、多少ふらつきながらも猛然と脚を伸ばして2着。皐月賞(G1)のキップを手に入れた。

 だがその皐月賞では12着と大敗。石橋騎手は思うようなポジションを確保できず、そして「外を回すよりはと思い、インにこだわりました。最後も間を割ろうとしたのですが、それが裏目に出てしまいました」とレースを振り返っている。

「ちょっと調整が難しい馬のようですね。そのため、思うようにローテーションをこなすことができず、弥生賞も直前までドタバタしていたみたいです。しかしそのような状況にもかかわらず、2着に入って素質の片鱗を見せました。

 前走ではスタート直後に接触したため、後ろからの競馬となり、まったく展開が向きませんでしたね。力はあるはずですので、今回はチャンスがあると思います」(競馬誌ライター)

JRA日本ダービー(G1)「未開の魅力」シュヴァルツリーゼは穴男・石橋脩次第?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!