NEW

JRA宝塚記念【最終追い切り総括】マカヒキ「超絶自己ベスト」で完全復活!? 「最強の1勝馬」エタリオウが見せた”悪癖”に一抹の不安……

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA宝塚記念【最終追い切り総括】マカヒキ「超絶自己ベスト」で完全復活!? 「最強の1勝馬」エタリオウが見せた悪癖に一抹の不安......の画像1

 23日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)に向け、出走各馬が最終追い切りを行った。

JRA宝塚記念【最終追い切り総括】マカヒキ「超絶自己ベスト」で完全復活!? 「最強の1勝馬」エタリオウが見せた悪癖に一抹の不安......の画像2

「自信あります!」

 絶好の手応えに”お得意”のフレーズが飛び出した。19日、美浦のウッドコースで最終追い切りを行ったレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、主戦のC.ルメール騎手を背に4ハロン54.1秒、ラスト12.8秒を記録。

 ”藤沢流”の軽めの追い切りとなったが、鞍上は「コンディションはバッチリ」と手ごたえ十分。昨年の最優秀4歳以上牡馬が、3つ目のG1タイトル獲得に向けて準備万端を印象付けた。

 これには藤沢和雄調教師も「いい動き。順調だね」と笑顔。前走のドバイシーマクラシック(G1)敗退後、早めに帰厩し入念な調整を重ねており、乗り込み量は十分だ。

JRA宝塚記念【最終追い切り総括】マカヒキ「超絶自己ベスト」で完全復活!? 「最強の1勝馬」エタリオウが見せた悪癖に一抹の不安......の画像3

 万全を印象付ける静かな追い切りの中で、キセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)から好調ぶりがにじみ出ている。

 陣営が「先週負荷をかけているので、今回は調整程度」と語った通り、1週前追い切りで猛時計を記録しただけに、この日は軽めの調整。しかし、栗東のCウッドで最終追い切りを行ったキセキは5ハロンこそ67.2秒だったが、ラスト1ハロンは鞍上が手綱を絞りながらも11.8秒を叩き出した。

 抑えきれない手応えに陣営も「動きは素晴らしかった」と満足気。一昨年の菊花賞(G1)以来、勝利から遠ざかっているが、いつ2つ目のタイトルを手にしてもおかしくない存在。仕上がりは万全と見ていいだろう。

JRA宝塚記念【最終追い切り総括】マカヒキ「超絶自己ベスト」で完全復活!? 「最強の1勝馬」エタリオウが見せた”悪癖”に一抹の不安……のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!