NEW

レンタル彼女、どこまでOKなのか?会話途中で「代金いいですか?」、個室NGで1回3万

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 今、話題の「レンタル彼女」というサービスをご存じだろうか。簡単にいえば彼女代行であり、規定の料金を払ってお好みのキャストとデートを楽しむというものだ。テレビ番組で紹介されたことでインターネット上でも話題になり、ここ数年、利用者が急増しているという。

 調べてみると、すでに複数の業者がサービスを展開している。料金は1時間当たり5000~7000円が相場で、人気キャストは割増になっている場合が多い。1時間単位で利用時間を決められる業者もあれば、「3時間コース」のようにあらかじめパック制になっているところもあり、いずれも延長する場合は1時間当たり4000~5000円の追加料金を払う必要がある。また、指名料として2000~3000円、交通費として2000~3000円(都内23区の場合)かかるのが一般的なようだ。

 例えば、1時間6000円のキャストと3時間デートした場合、1万8000円に指名料と交通費(それぞれ3000円と仮定する)を加えて、合計2万4000円を支払う必要がある。デート中に発生した費用はすべて客である男性側が負担するので、レストランに入って食事をしたり、映画を鑑賞したり、遊園地などに行った場合、それらの料金も加算される。

 また、レンタル彼女は利用規約で性的なサービスは一切ないことを掲げており、自宅やホテルへの出張も行っていない。トラブルを避けるために、車でのドライブやネットカフェ、レンタルルームなどの個室に入ることもできない。あくまで「恋人気分」「疑似恋愛」を楽しむためのサービスということのようだ。ネット上では「じゃあ、何をしたらいいのか?」「レンタル彼女を頼んで、むなしくならないのだろうか」といった反応も見られる。男性としては、一度は頼んでみたいものの、いまだに謎が多く、「本当に満足できるのだろうか」と二の足を踏んでしまうのが実情だろう。そこで、実際に利用してみることにした。

実際に4時間のデートを体験


 ある業者のサイトを見てみると、キャストはメインである20代前半をはじめ、30代前半までの女性が揃っている。写真は、顔がはっきりわかるケースと一部が隠れているケースがあるが、夜の世界のそれとは違って派手なタイプは皆無で、どちらかといえば「地方の女子大生」のような清楚で「地味かわいい」女性が多い印象を受ける。

 今回、筆者が指名したのは20代後半で落ち着いた感じの女性だ。サイト上の申し込みフォームに希望の日時と利用時間などを書き込み、せっかくなので普段はまったく行かない場所に、と希望のデート内容には「代官山でカフェに行きたい」という旨を書き込んだ。予約が完了すると、早速彼女からメールが届き、「今から楽しみです」と明るい文面が並んでいる。「代官山は詳しいんですか?」「こんなお店はどうでしょう?」と提案してくれるので、デートスポットなどに詳しくなくても、一緒にプランを立てることができる。

 どんな食べ物が好きか、お酒は飲めるかなど、メールでお互いの情報を交換し、当日は15~19時の間にカフェと散歩を楽しむという流れに決まった。お互いに服装を教えていたため、待ち合わせ場所に行くと、彼女の方から「こんにちは」と見つけて声をかけてくれた。いわゆる業者然とした感じはなく、強いていえば飲み会などで初めての女性に会う感覚に近い。

 あいさつなどをしながら10分ほど歩いて、最初の目的地であるカフェに入り、とりあえずカフェラテを2つ注文した。筆者は銀行振込を選ばなかったので、この時点で3万4000円(基本料2万8000円に指名料と交通費それぞれ3000円ずつ)を彼女に支払う必要がある。「代金、いいですか?」という彼女の言葉に、一瞬事務的な匂いがしたものの、お互いまた何事もなかったかのように会話に戻った。