NEW
江上隆夫「ブランド戦略ディレクターのぷらっと未来散歩」

誰でも簡単に家や自動車がつくれる?無償でも喜んで働く人々が生む技術革新

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WikiHouse 公式サイト」より
 不思議なことに50年、100年スパンで見ると未来への大きな流れは変わりません。しかし、その流れの過程では、小さく渦巻いたり、突然支流が生じたり、停滞したり、一筋縄ではいきません。広告やブランドという常に半歩先、一歩先を見る仕事を長年続け、コンセプト関連の著作もあるブランド戦略ディレクターの江上隆夫氏が、自身のアンテナに引っかかってくる未来の種を「短期、長期の本質的な視点」を織り交ぜながら解説します。

みんなで作れば怖くない?


オープンソース」という言葉をご存じでしょうか。

 ソースコード(ソフトウェアの元となるプログラムの文字列)が公開されていて、世界中誰でも、そのソースコードの修正・変更・利用ができるソフトウェアのことです。

 今、私の手元にはサムスン電子のスマートフォン「Galaxy Note Edge」があります。このスマホのOS(オペレーティング・システム)である「Android」は、オープンソースとして発展したものです。

 ウェブブラウザの「Mozilla Firefox」やOSの「Linux」もオープンソースで、いまだに有志の技術者によって改良が加えられています。

 また、世界中の人が自分の知識を持ちよったウェブ上の百科事典「Wikipedia」も、日々無数の人々の手によって進化しています。私たちが想像する以上に、オープンソースソフトウェアあるいはオープンソース的なものは、世界にあふれているのです。

オープンソースの4つの特徴


 オープンソースは、まだ歴史が浅く試行錯誤の段階ですが、いくつかの特徴があります。

『無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?』(江上隆夫/SBクリエイティブ)
 第一の特徴は「誰にでも開かれている」ということです。知恵や知識、発明や発見を共有財産として育てていこうという考え方です。当たり前ですが、オープンソースにアクセスして共同作業に参加するのに、人種や世代、性別、国、貧富はまったく問われません。

 ただ、現状のソースを理解し、より良くするためのアイデアを持って修正や改良を加えられればいいのです。こうした考え方は、企業の商品開発(例えば無印良品など)にも生かされるようになってきています。

 第二の特徴は、「1人よりみんなの力」という考え方です。アルベルト・アインシュタインが唱えた相対性理論のように、既存の常識を飛び越えるアイデアは、こうしたプロジェクトでは生まれにくいかもしれません。しかし、オープンソースには「たくさんの人が関わり、その集合知を使ったほうが物事はうまくいく」という思考があるように思います。そして、実際に成果を上げています。