NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

便利すぎて楽しい文房具を一挙紹介!常識を覆したヒットの秘密とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本体の構造は簡単にいうと、シャープペンシルの先が芯の消耗に合わせて上へスライドするかたちとなっている。芯に合わせて先端が動くため、芯が出ることがなく、それによって折れることもない。今までの「シャープペンシルは芯を出して書く」という常識を打ち破り大人気商品となっている。折れない上に、今までは0.5ミリ、0.3ミリのシャープペンシルが主流だったので、その細さも驚きである。この画期的な構造だからこそ実現できたのであろう。その代わり、戸惑う人が多いのを気遣い、キャッチコピーや取扱説明もいろいろと工夫しているようだ。まさに潜在ニーズを解消した商品だといえる。

(3)フリクション



 もう社会人や学生にはお馴染みであろうフリクション。ボールペンは消せないという常識を打ち破り登場した。カラフルなペンを好む女性や、参考書などに書き込みをし、覚えたものから消していくなど工夫をして勉強している学生や社会人に大ヒット。少しインクの色が薄いという意見がしばしば聞こえるが、その声を抑えてでも爆発的に売れている。もしインクの濃さが通常のボールペンと同じくらいになったならば、よりユーザーの潜在ニーズをとらえた商品へと変わるかもしれない。

 フリクションはボールペンだけではなく蛍光ペンや色鉛筆、ひいてはスタンプまで「消せる」を売りにして商品を開発している。消せる筆ペン、なんて時代もくるかもしれない。年賀状を出すときに役に立ちそうである。

 「消せるシリーズ」はほぼフリクションの独壇場かと思われるが、ほかにも消せるマッキーなどがトレンドとして東急ハンズで挙げられていた。子供の頃はマッキーで教科書などに名前を書くときに一発本番で緊張したものだが、そんな時代は終わってしまったのかもしれない。

(4)鉛筆の蛍光マーカー



 蛍光ペンは教科書などに引くときに裏写りしてしまうという弱点があるが、それを克服。蛍光マーカーと色鉛筆という異色のコラボを見せた商品。蛍光マーカーを引くとどうしても裏写りしてしまったり、紙がインクでふにゃふにゃになってしまっていた。企画書、教科書やノートの裏のページに写ってしまい見えにくくなってしまうのだ。

 その2つの大きな弱点を、色鉛筆を蛍光色にすることによって乗り越えたのである。見事な発想の転換だ。さらに色鉛筆にすることによって、インク切れの心配も解消されたのである。これも不満の解消を試みた商品だといえる。

便利すぎて楽しい文房具を一挙紹介!常識を覆したヒットの秘密とは?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、フリクションロフト東急ハンズの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!