NEW

ポール・マッカートニーと殺人犯の元ヤクザの知られざる友情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『獄中で聴いたイエスタデイ』(鉄人社/瀧島祐介)
 日本最大級の指定暴力団・山口組の分裂以降、出版業界は“ヤクザバブル”に沸いている。実話系の雑誌は軒並み売り上げを伸ばし、一般誌もこぞって山口組の特集を掲載するほか、ヤクザ関連の書籍も好調だ。世間の関心の高さがうかがえるといえる。

 そんな中、異彩を放つ“奇書”がある。元広域指定暴力団二次団体特別参与の瀧島祐介氏が今年9月に上梓した『獄中で聴いたイエスタデイ』(鉄人社)だ。同書の中で、瀧島氏は元ビートルズのポール・マッカートニー氏との“獄中交流”を綴っている。

 1980年1月16日、ポールは当時所属していたロックバンド・ウイングスの日本公演のために家族と来日した。しかし、大麻不法所持容疑で逮捕され、警視庁の留置場に移送される。

 その頃、フィリピン・マニラの拳銃密輸事件にからみ、仲間1人を射殺した極道が留置場に勾留されていた。その人物が、同書の著者である瀧島氏だ。瀧島氏は翌朝、2階の一角にある運動場でポールと出会い、初めて言葉を交わしたという。そこから、9日間にわたる瀧島氏とポールの心の交流が始まる――。(以下、同書より引用)

雑居房で「イエスタデイ」を歌うポール


 そう言えばこんなこともあった。ポールは当時、2番の雑居房にいた。他方、私が詰め込まれていたのは5番の雑居房。壁と廊下に隔てられているため、お互いの様子はわからないが、2番と5番は距離にして数メートルという近さだった。

 ポールの出所前日の80年1月26日の夜7時頃、私は2番のポールに向けて叫んだのである。

「ポール! イエスタデイ、プリーズ!」

 私はポール作曲の『イエスタデイ』を歌うように促したのである。もちろん壁越しに会話することは禁止されているが、すでにポールのファンになっていた私は、彼が帰国する前にどうしてもその歌を聞いておきたかったのだ。

 時刻は就寝前の自由時間だ。きっと彼は起きているだろう。果たして、彼は歌ってくれるのか。期待に胸を膨らませていたところに、2名の留置所係がすっ飛んできて、「おいおいちょっと」と制された。バレてしまった以上、あきらめるしかないか……。

 と、その時、奇跡が起きた。ポールは私の声が聞こえたのだろう。「OK!」と叫んだ直後、冷たい床の板を手と足で叩き、リズムをとり始めたのだ。トントコ、トントコ、トントコ、トントコ――。それから『イエスタデイ』を歌ってくれたのである。

(中略)

 そのリズムたるや、最高であった。ポールの透き通るような歌声が体に染み渡り、魂を揺さぶるようだった。この時ばかりは、留置所係の2人も何も言わなかった。当時の警視庁には、“情”があったのである。人を侮辱したり、人を傷つけたりすることにだけは厳しいが、他は大目にみてくれた。

『獄中で聴いたイエスタデイ』

本書は、警視庁の留置所でポールと出会い、彼の歌を聴いたことがきっかけで更生した殺人犯・瀧島祐介の手記です。ヤクザが堅気になることの難しさ、犯罪者に向けられる世間の目、信じられる人の存在、贖罪の日々…。ポールと瀧島の人生を交互に描きながら、一人の人間の再生への道を克明に記録した、衝撃のノンフィクション!

amazon_associate_logo.jpg