NEW

「根拠のない自信」こそがデキる人間への近道!「謙虚さ」など捨て去れ!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ビジネスにおいて、「自信」と「謙虚」とでは、どちらが大事なのでしょうか。

 どちらも大事な能力であり、謙虚でありながらも自信あふれるビジネスパーソンであるべきでしょう。しかし、自信と謙虚の間には緩やかなトレードオフの関係が存在するので、両方を身につけるのは簡単なことでありません。

 相反する2つの資質を身につけていく過程は、4つあると考えることができます。

1.自信も謙虚もどちらもない状態
2.自信はあるが謙虚ではない状態
3.謙虚ではあるが自信がない状態
4.自信と謙虚を兼ね備えている状態

 通常は、1から脱却し4を目指すことになります。問題は2と3の状態でしょう。2と3のどちらの過程を経て4を目指していくべきでしょうか。自信と謙虚のどちらに偏るということではなく、両方を少しずつ磨いていくという考え方もありますが、ここでは、どちらを強めに意識していくべきかについて考えてみたいと思います。

 器用ではない人は、まずはどちらかを強く意識して取り組んでいくほうが合理的です。両方を少しずつ得ようとしては、どちらも中途半端になる可能性が高くなってしまいます。

 筆者は、2の「自信はあるが謙虚ではない状態」を経由すべきだと考えます。極論で「自信と謙虚はどちらが大事か」と問われれば、「自信」と答えます。繰り返しになりますが、本来的にはどちらも大事です。あくまで、身につける順序としての考え方です。

 現代は「不確実性が高まっている時代」といわれ、多くの人が答えを求めてさまよっている時代でもあります。不安を抱える人が明らかに増えていると感じます。不安を抱えている人は、何かの拠り所を強く求める傾向があります。拠り所を求めるとき、「自信あふれる人」と「謙虚である人」のどちらに求めるでしょうか。明らかに自信あふれる人でしょう。これは人間の不変の真理といえます。

自信は簡単に身につけられる

「自分に自信がない」という人に朗報があります。自信というのは、身につけるのが意外に簡単なのです。

 ビジネスパーソンに必要な能力は多岐にわたりますが、自信というのは、他の能力と比べて身につけるのが比較的簡単で、かつ汎用的に利用できる能力です。

 自信というのは後天的に身につけることができます。基本的には、「小さな成功体験」を積み重ねることで自信は形成されていきます。つまり、なんでもいいので「勝ちグセ」をつけることが大事になります。