NEW
蒲谷茂「自分のからだは自分で守る」

もう歯磨きは不要?虫歯・歯周病を激減させる画期的方法があった!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 昨年、話題になったスポーツといえばラグビーだ。ワールドカップで絶対に勝てないといわれていた南アフリカを倒し、スコットランドには負けたものの、サモア、アメリカを破り3勝もしたのに、決勝トーナメントに進めなかったのは本当に残念だった。


 今回は、五郎丸選手などがしていたマウスピースに注目したい。ラグビーでもボクシングでもマウスピースをする。これは、歯を守り口の中が切れたりしないように使用するが、もうひとつ役割がある。奥歯をぐっとかみしめることで力がそれこそグンと増すのだが、奥歯がかみしめられるように設計されているマウスピースをして、力を振り絞るのである。

 今回取り上げるのは、スポーツ選手のするマウスピースではない。虫歯や歯周病を予防するためのそれだ。虫歯や歯周病は細菌によって起こるが、この細菌を除菌できれば防ぐことができる。しかし、仮に歯に薬剤をつけても唾液ですぐに流されてしまう。そこで、役立つのがマウスピースである。

 マウスピースの内側に薬剤を塗ってそれを歯にはめれば、薬剤が流れることなく歯についている細菌を除菌することができる。歯科で使うマウスピースは、スポーツのそれとは違って、歯と歯茎にぴったりと張り付いて、薬剤が外に出ないようになっている。

 使われるのは、歯の型をとるときに使うトレーである。トレーは、個人の歯に合わせてつくられているので、多少歯並びが悪くてもぴったりつくることができる。トレーに薬剤を塗って、決められた時間(5分ほど)付けておくと、歯の表面についている細菌が除菌される。

 最初にこの方法を知ったとき、もう歯磨きはしなくてもいいのかと思ったが、食べたり飲んだりする口には細菌が侵入しやすいし、歯の表面以外にも細菌がたくさんいるので歯磨きは必要だという。しかし、この方法を行えば、虫歯や歯周病はかなり減らせる。

 この方法を3DSという。デンタル(D)、ドラッグ(D)、デリバリー(D)システム(S)の略だが、この方法は脳梗塞や骨折などで起き上がれない人が、歯を磨く代わりに薬剤を塗布したマウスピースを装着して、虫歯や歯周病を予防するために有効だ。

 3DSは保険適用外だが、高齢社会になった今、歯を守るための新しい方法としてもっと広まることを期待したい。
(文=蒲谷茂/医療ジャーナリスト)

●蒲谷茂
医療ジャーナリスト。1949年生まれ。立教大学卒業後、健康雑誌『壮快』の編集にかかわり、8年後に独立。多くの医療・健康に関する雑誌の編集・執筆、テレビ番組の企画・制作にも携わる。95年『大丈夫』(小学館発行の健康雑誌)の創刊編集長に就任。その後、30年以上にわたる経験や人脈を生かし、自分のからだを自分で守るための情報を発信し続けている。著書は、『民間療法のウソとホント』、『歯は磨くだけでいいのか』(共に文春新書)、『測るだけで大丈夫』(八重洲出版)、『死に至る病・チェックブック』『自宅で死にたい』(共にバジリコ)などがある。現在、八ヶ岳南麓に住み、FM八ヶ岳のパーソナリティもつとめている。