NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

なぜ漢方薬はこんなに効くのか!あらゆる病気と痛みに劇的効果、西洋医学の限界

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「Good medicine is bitter to the mouth.(良薬は口に苦し)」


 こういう諺があるが、漢方薬に限ってはウソである。

 漢方薬は、保険適用になっているので、今ほとんどの国内医療機関で処方されている。2000年以上の歴史を誇る漢方医学は、実に奥が深く、40年近く漢方薬の処方を中心にした診療をしている私にも、なおチンプンカンプンで十分に理解しているとは思えない。体質や症状を「陰と陽」「表と裏」「実と虚」「寒と熱」「乾と湿」「昇と降」「散と収」などに分け、その総合評価の「証」を確認して、薬を処方するのが漢方医学だ。こうした相反する事象2のx乗の総合評価の「証」は、数限りなく存在する。

 漢方の専門医は、日本に数人、多く見積もっても数十人しか存在しないが、その専門の先生方のお叱りを覚悟の上で、人間の体質(証)を、大雑把に2つに分ける。

・体が温かで体力のある「実証」
・冷え性で体力のない「虚証」

 西洋医学は、痛みに対しては体質を問わず同じ鎮痛剤を、胃の不調に対しても同じく同じH2ブロッカーを、というかたちで含有成分の効能で症状、病気に対処する。

 しかし、漢方医学では、同じ痛みや胃の不調でも、体質によって全然違う薬を処方することで病気を根本的に治す。

 基本的には、実証の人の症状や病気には「体を冷やし、栄養過剰物を排泄する漢方薬」を、虚証の人の症状や病気には「体を温めて栄養を補給する漢方薬」を処方するのである。以下が具体例である。



「甘い」「旨い」漢方薬は必ず効く?


 しかし、問診、望診(視診)、触診などしても、実証なのか虚証なのか診断がつかないときがある。そのときに、処方する薬が合っている(効く)か否かを判断する奥の手がある。

 それぞれの漢方薬の顆粒をなめてもらって、「苦い」「不愉快だ」というのは絶対に効かない。「甘い」「旨い」というのは必ず効く。

 風邪の人に葛根湯をなめてもらうと「旨い!」というが、治ってしまうと「まずい」ということが多い。