NEW

三菱自と日産の両トップ、不正公表直前に面談か…極秘裏に計画された「買い叩き」シナリオ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カルロス・ゴーン日産自動車社長(左)と益子修三菱自動車会長(UPI/アフロ)

 5月4日付当サイト記事『三菱自、倒産が現実味高まる…名門没落の元凶「A級戦犯」の院政、御曹子社長の失態』において、三菱自動車工業の相川哲郎社長が引責辞任するとの見方を報じたが、この流れが固まった。

 相川氏は、6月24日の株主総会で辞任する。5月18日の記者会見で「不正のあった期間に開発のトップを務めていた責任を取る。私が社長として残っていては改革の妨げになる」と述べた。引責辞任するのは相川氏と開発担当の中尾龍吾副社長。中尾氏は相川氏と社長の椅子を争った人物だ。中尾氏が退いた後の開発部門のトップは、日産自動車から送り込まれる。

 益子修会長は日産のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)と「ウイン・ウインの関係」であることから、会長兼CEOに留任し、今秋、日産による34%の出資が完了するまで暫定的に社長を兼務する。

 日産は、三菱自が6月24日に開く定時株主総会後に、開発部門のトップとして取締役を派遣する。とりあえず派遣する役員は1人だが、三菱自の取締役は現在の13人から11人に減る。11人のうち、会長を含む取締役4人を日産が出す予定だ。

三菱自、益子氏が社長に返り咲き?

 日産が出資した後の新体制について、会長はカルロス・ゴーン氏が兼務するとの予想も多かったが、1カ月の間に日本にいるのが10日間程度のゴーン氏が会長を兼務するのは難しいとの見解が今は大勢を占めている。その場合は、西川廣人代表取締役CCO(最高顧客責任者)が送り込まれる可能性がある。西川氏は、三菱自の再建に成功すれば、“ポスト・ゴーン”にさらに一歩近づくことになる。

 社長には益子氏が返り咲き、さらにCEOを兼務するとみられる。5月14日付朝日新聞のインタビューでゴーン氏は、「三菱自のCEOは信頼する益子氏が続ける方がはるかにパワフルだ」と語っている。会長は日産が出すことから、ゴーン氏のこの発言通りなら益子氏が社長に返り咲いてCEOを続けるとみられる。三菱商事から今春、三菱自の常務執行役員になった白地浩三氏が専務に昇格して益子氏を補佐する可能性もある。

 益子氏は、会長を続投しつつ社長を兼務する理由を「日産との資本提携に向けた交渉を行うこと。提携のシナジー(相乗)効果の見極めをする」ためとしている。

 益子氏は、6月24日の株主総会後に予定していた監査等委員会設置会社への移行を取りやめたことも明らかにした。これらはすべて、日産の出資が完了した後のことになる。