NEW

ツタヤ図書館、選書の半分が料理本…10年前の旅行本も大量、併設の蔦屋書店では売れ筋販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多賀城市立図書館の児童書コーナー(「多賀城市立図書館 HP」より)

 3月21日にリニューアルオープンした宮城県多賀城市立図書館。レンタル大手・TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するツタヤ図書館として知られているが、開業から2カ月で30万人もの来場者があったと報道されている陰で、当サイトが何度も報じてきた通り、その運営方法において次々と新たな疑惑が生まれている。

 今回は、リニューアルオープン時にCCCから市教委に提出された追加購入の選書リスト約3万5000冊のうち「中古」と明記された1万3000冊の中身について、詳しくみていきたい。

 前回記事『ツタヤ図書館、廃棄した本より「古い実用書」大量購入が発覚!多額税金使いCCCの言い値で』では、1万3000冊のうち「料理」が2620冊(20.1%)、「美容・健康」が2146冊(16.5%)、「旅行」が1218冊(9.4%)、「住まいと暮らし」が1091(8.4%)となっていて、この上位4分野だけで、全体(古本)の半数以上を占めることを指摘した。

 しかも、それらの本がことごとく刊行年が古いものを含んでいることが判明している。これら分野別に刊行年を調べたところ、この手の分野としては、ほかの図書館なら、すでに除籍(廃棄)処分にされていてもおかしくないほど古い、5年超を経過した本を大量に含んでいる。

 いったい、なぜこのような事態に至ったのだろうか。

 旧来の図書館が、どちらかといえば長く読み継がれる、文学や自然科学、社会、教育など、いわば「鮮度を重視しない」本に重きが置かれていたのに対して、多賀城市立図書館では新装開館にあたって、あえて「鮮度が命」である生活・実用書に大きくシフトしたからといえる。

 その方針決定の源流をたどっていくと、多賀城市教育の「選書基準」(2015年4月10日多賀城市教育委員会教育長決定)に行き着く。同基準では、「図書館を利用したことがない方でも入れやすい雰囲気づくりをするために」、また「本を介して人々がつながるコミュニティ空間を創るため、以下のジャンルから重点的に選書する」として、「料理」「旅行」「実用書」「児童書」を重視するとしている。

 つまり、この基準に沿ったことでCCCの選書に「料理」や「旅行」などの生活・実用書が多くなったのだ。

 しかし、それならば「鮮度が命」の生活・実用書は、中古ではなく最新のものを取り揃えるべきではなかったのか。

 たとえるなら、「果物を豊富に取り揃えて集客する」と宣言した食料品スーパーマーケットが、一部意図的に腐りかけの果物を安く仕入れ、見かけだけ果物を多く並べているようなものだ。

 もし予算が足りなかったのであれば、少しずつ追加購入していけばよいのに、一度に購入して蔵書の豊富さをアピールしようとしたのだ。そのため、鮮度の悪さが余計に目立つ結果となった。