NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

年収300万円でも婚活で勝つ男の共通点…独身女性は「収入」より○○重視?

【この記事のキーワード】

, , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「自分は年収が少ないから、結婚できないと思う」(28歳・男性)


「年収が高い人は、女性から引く手あまたでうらやましい」(32歳・男性)

 こうした声をよく聞きます。はたして、年収と結婚には関係性があるのでしょうか。さらに、「貯蓄」と結婚には関係性があるのでしょうか。イマドキの婚活事情を、プロに聞きました。

低年収でも貯蓄300万円以上あれば“合格”


 今回話を聞いたのは、『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版)の著者で、婚活アドバイザーの大西明美さん。大西さんは「結婚したい」と希望する男性と女性の双方から日々相談を受け、アドバイスを行い、およそ5年間で200組以上(つまり、男女400人以上!)のカップルを成婚に導いています。そんな大西さんは、年収と貯蓄、結婚の関係性は「大いにある」と言います。

「婚活などであらかじめ収入を明らかにしなければならない場合、男性の年収(手取りではなく額面)は、都内在住で400万円以上、都内以外在住なら300万円以上ないと結婚が決まりにくいというのが現状です。出産を考えている20~30代の女性は、『結婚・出産後、もし自分が働けなくなった時に暮らしていけるか』ということを不安に思っているからです」(大西さん)

 ただし、年収が低かったとしても、「貯蓄」があれば逆転できることも多いそうです。

「『年収300万円で貯蓄が500万円以上ある男性』は、『年収400万円以上で貯蓄が100万円以下の男性』にくらべて、格段に結婚が決まりやすくなります。女性から『経済観念があって計画的に貯められる男性』という印象を持たれるからです。年収に関係なく、貯蓄が少なくとも300万円以上あると、結婚相手として安心されるようになります。ただし、これは結婚式の費用とは別に使えるお金として。婚約指輪や新婚旅行、新生活などのためにも、しっかり貯めておくことをおすすめしています」(同)

 素敵な女性と出会ってから、「自分には貯蓄が全然ない!」と焦って貯め始めても遅いもの……。300万円や500万円といった金額を貯めるには、毎月確実にお金を積み上げていく必要があります。つまり、素敵な女性と出会う前から計画的に貯めておくことが重要なのです。

 例えば、月に2万円+ボーナスで20万円×2回を貯めていくと、1年間で64万円貯まります。これを8年間続ければ512万円になり、500万円を超えます。新入社員時代からこれを習慣にしておけば、30歳ごろには500万円の貯蓄ができるというわけです。

 ボーナスが出ない場合は、月に3万円ずつ貯めていくと、10年間で360万円の貯蓄になります。「もっと早く貯めたい!」と思ったら、月5万円貯めていくと、5年間で300万円になります。

『となりの婚活女子は、今日も迷走中』

結婚相談所で起きている本当の話!

私、この本の原稿を読んだら結婚出来ました! ―30歳 書店員

年下男に捨てられる女、結婚できる女
SNSで自爆する女
インスタグラムで男の心をつかむ女……。

amazon_associate_logo.jpg