NEW

女性たちが占いで相談している驚愕の内容とは?なぜ男性芸能人と経営者は占いに依存する?

【この記事のキーワード】

, , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 20~40代の女性を筆頭に、いつの時代も高い需要を誇る「占い」。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの有元裕美子氏の著書『スピリチュアル市場の研究―データで読む急拡大マーケットの真実』(東洋経済新報社)によると、占いを含む日本のスピリチュアルビジネスの市場規模は、全体でおよそ1兆円。携帯占いサイト市場だけでも、約200億円に上るという。


 それだけ多くの人たちが占いにハマっているとすれば、気になるのは、彼らがどんな悩みを持ち、占い師にどんな相談をしているのか、ということだろう。「迷える人たち」の相談の実態について、占いスクールのアカデメイア・カレッジの長谷龍次氏に話を聞いた。

好きな芸能人との相性を占う女性たち


「占い師にヒアリングを行うと、女性の場合、やはり多いのは恋愛に関する相談ですね。『交際相手に関する悩み』『結婚の時期について教えてほしい』といった内容が一番多いようです」(長谷氏)

 驚いたのは、「好きな芸能人との相性診断」を求める女性が数多くいることだ。長谷氏によると、自分と好きなアイドル、タレント、俳優との相性を占いに来る女性がたくさんいるという。

「電話占いで『この生年月日の人との相性を見てほしい』と相談を受け、よくよく話を聞いてみると、それは人気タレントの生年月日で、自分が好きな芸能人との相性診断だったということが、けっこうあるのです。対面で聞くにはちょっと恥ずかしいことでも、電話占いなら思いきって聞けるようですね」(同)

 一般女性の場合、好きな芸能人と知り合いになれる可能性はゼロに近いが、それでも相性くらいは知っておきたいのがファン心理なのだろう。

「恋愛に次いで多いのが、家庭内の出来事の相談です。特に、学校でのいじめ問題や子育てなど、子供のいる母親が育児について相談してくるケースが目立ちます。昨今は働く女性も多いので、仕事や金運に関する相談も増えました」(同)

恵比寿では芸能人が将来を相談する例も


 一方、男性の場合、女性のように最初から恋愛について相談してくることは少ないという。

「男性はプライドが高い人が多いのか、恋愛に関する相談は女性ほど多くありません。ただし、入り口は別の相談でも、話をしているうちに『実は不倫をしていて……』という流れになることはよくあります。本当は恋愛について占ってほしいが単刀直入には聞けない、というのが男性の相談者の特徴ですね」(同)

 もちろん、なかには女性の占い師をわざわざ「指名」し、「こんな時、女性はどう考えているか」など、リアルな相談をする男性もいる。とはいえ、男性に多いのは、やはり恋愛よりも仕事上の悩み相談で、その次が家庭だという。