NEW

韓国、「発展途上国型感染症」蔓延で社会問題化…杜撰な衛生管理体制が露呈

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国・朴大統領(YONHAP NEWS/アフロ)

 幼児・青少年の「潜伏感染者」約1万人――。これは9月23日、韓国の保健当局が公表した結核感染者に関する調査結果だ。調査対象は、保育園、幼稚園、小学校、中学校の幼児・児童・生徒・教職員ら。このうち2013~15年にかけて感染者と接触した可能性のある18万3427人を調べたところ、結核患者1249人、潜伏感染者1万347人と判明した。

 参考までに「厚生労働省 平成26年結核登録者情報調査年報集計結果(概況)」によれば、日本の0~19歳の潜在性結核感染症(感染したが発症していない状態)新登録患者数は、12~14年の3年合計で3130人。日本も結核は欧米に比べて罹患率が高く、最近も千葉や愛媛で集団感染が相次ぐ。だが、それでも10万人あたり罹患者数は、日本18人に対して韓国は86人という高水準だ(WHO「世界結核報告書」より)。

コレラ、食中毒が相次いだ8月


 昨年はMERS(中東呼吸器症候群)の流行で世界中の注目を集めた韓国。MERSは同年12月にようやく終息宣言したものの、ここにきてまた結核やC型肝炎などの感染拡大がメディアを連日賑わせている。

 韓国で感染症といえば、8月から9月にかけてコレラ患者が出たのも記憶に新しい。4人のコレラ患者のうち1人は東南アジアで感染、残り3人は国内特定地域の海鮮料理が感染源と見られる。保健当局がコレラ発生の原因としたのは、109年ぶりといわれる今夏の猛暑。海水が高温化したことでコレラ菌が増殖したとの説明だ。

 さらに同時期には8月19日から順次夏休みを終えた中学・高校で、食中毒が多発。新学期開始から1週間のうちに、13校で1100人超の食中毒を疑われる患者が出た。当局はこれも想定外の猛暑が原因としている。

再燃したC型肝炎問題

 
 だが市民の不安が払拭されることはなかった。同じ8月下旬、今度は昨年から世間を賑わせていたC型肝炎問題が再浮上したからだ。保健当局は同月22日、ソウル市内の小規模なクリニックでC型肝炎の集団感染があったと発表。確認された感染者は508人に上った。