NEW

転職に迷う人へ……「面白い仕事をする」ために今すぐやるべき6つのこと

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『誰とでも何をやってもうまくいく人の考え方・仕事のやり方』(クロスメディア・パブリッシング刊)

 「真面目に仕事しているはずなのに、今ひとつ伸び悩んでいる」「自分の未来が見えない」……。こんな風に伸び悩む時期が、誰の人生にも一度や二度はあるもの。

 特に若手のころは、大した結果を出せなくても、もう少しこの会社でもがいてみるか、思い切って転職するか、 あるいはいっそのこと独立してしまうか……などと、自分のポテンシャルとスキルを天秤にかけ悩んでしまうことが多いかもしれません。

 『誰とでも何をやってもうまくいく人の考え方・仕事のやり方』(クロスメディア・パブリッシング刊)には、そんな伸び悩みの日々から抜け出すためのコツが紹介されています。

■プロフィールを書いてみる

 今の自分に迷いがあるなら、まずはありのままの自分を見詰め直すべく、プロフィールを書いてみるのがおススメ。

 自分について掘り下げていくことで、今の自分が見えてくるだけでなく、自分がどうなりたいのか、人からどう思われたいのかがよく分かります。

 ここまで分かれば、あとはその理想を意識して行動するだけ。なりたい自分、見られたい自分に着実に近づけます。

■どこに住むか、誰と住むか

 居住環境や住んでいる場所を見直すというのも方法の一つ。住むエリアを変えれば、時間配分や付き合う人が変わり、自分の価値観や考え方が変わっていきます。

 学生時代から実家暮らしの人は一人暮らしを、長いこと下町に住んでいる人なら都心エリアへの引越しを考えてみてはどうでしょう? あるいは、誰かと暮らすことを考えてみてもいいかもしれません。

 どこに住み、誰と住むかを見直すことが、新しい人や価値観に出会うことにつながるからです。

■しないことを決める

 限りある人生を有意義に過ごしたいなら、「何をするか」以上に、「何をしないか」を決めることが大切。

 たとえば「人脈づくり」と称して無理やり飲み会に参加している場合、本当にその時間が有意義なものなのか、自分に問うてみる必要があります。

 もし、夜遅くまで飲んでいるせいで翌日の仕事に身が入らない、飲みすぎて体調を崩すというようなマイナスポイントがあるのなら、すぐに「しないことリスト」へ入れましょう。

■仮想ライバルをつくる

 ライバルと言われて、パッと誰かの顔が浮かびますか? 誰の顔も浮かばないという人には、「仮想ライバル」をつくることをおススメします。