NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

無駄な保険見直しで年35万円も出費削減!独身者や子どものない共働き夫婦、死亡保障は不要

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 本連載の前回記事では、スマートフォンの通信費などデジタル費がどんどん増えて家計を圧迫している実態を紹介した。携帯電話が登場する前に比べて、軽く個人で年20万円、夫婦で30万円以上の出費増になっているケースも珍しくない。デジタル費を減らす努力をする一方で、別の出費の無駄も削っていくことが大切だ。

 食費や小遣いなど、日々の努力が必要な項目も大切だが、毎月決まった額が出ていく項目、つまり固定費にも注目したい。固定費の見直しはちょっと面倒だが、一度見直すと節約の効果がとても大きい。今回は、そんな固定費のなかで生命保険料についてみていこう。もちろんデジタル費が膨らんでいない人も、生命保険を見直すことで家計をスリム化できる。

独身者や子どものいない夫婦に死亡保障はいらない


 多くの人の家計を見ていてわかるのは、生命保険料に大きくカットできる余地があるという点だ。片働きの家庭で小さい子どもがいると、働き手に大きな死亡保障が必要。万一、働き手が亡くなった場合は収入が絶たれるので、遺族年金は払われるものの、残された家族が暮らしていけるように生活費や教育費として数千万円を残す必要があるからだ。

 しかし、共働きなら子どもがいても死亡保障は小さくていいし、子どもがいない夫婦や独身者には、死亡保障はまず必要ない。にもかかわらず、死亡保障5000万円の保険に入り、月2万~3万円の保険料を払っている人も珍しくない。

 たとえば、30歳の独身者は、死亡保険金を残す必要がないので、もし死亡保障のために保険に入っていれば、これは解約できる。とはいえ、保障がまったくなくなるのも考えもの。病気やけがで入院した時に備える「医療保険」(入院保険とも呼ばれる)には入っておきたい。

 医療保険とは、病気やけがで入院した時に入院日数に応じて、1日当たり5000円などと給付金が払われる保険。手術をした時にプラスで給付金が払われるタイプもある。ウェブで簡単に申し込みできる商品もある。

保険料は月3000円以下にできる


 たとえば、オリックス生命保険の新キュア。30歳男性が入院1日5000円のシンプルなコースに加入するときの保険料は月2022円、30歳女性が女性専用コースに加入する場合で2400円(いずれも保険料を65歳まで払う場合)。月2万円の保険料を3000円にして、月1万7000円の節約に成功すれば、年20万4000円の節約になる。これは大きい。