NEW

小池都知事への汚いヤジ連発が波紋…都議会自民党が反論「不誠実な答弁をされたから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小池百合子東京都知事(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「笑ってんじゃない!」「説明になっていない!」「答弁漏れだ!」――。

 小池百合子・東京都知事に激しいヤジが飛んだのは、12月7日の東京都議会本会議、自民党の崎山知尚議員への答弁でのことだった。その様子はテレビでもこぞって取り上げられ、たとえば11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、お笑いタレントの松本人志(ダウンタウン)が「都議会のヤジを見ていて、あの人たちにも奥さんや子供さんがいて、あれを見て、パパ格好良い、パパ頑張れと思うかな? 恥ずかしい」と酷評。都議会議員のマナーの悪さが波紋を呼ぶ事態となっている。

 自民党都議によるヤジといえば、思い出すのは2年前。2014年6月18日の東京都議会本会議で、みんなの党Tokyoの塩村文夏都議が女性の妊娠・出産に関する東京都の支援策について質問していた時だ。

「自分が早く結婚したらいいじゃないか!」
「産めないのか?」

 明らかにセクシャルハラスメントと受け取れるヤジが飛んだとして、国内のメディアだけでなく、BBC、CNN、ウォール・ストリート・ジャーナル、ロイター通信などでも性差別発言として取り上げられた。

 ヤジは自民党議員席から聞こえたとされたが、当初、都議会自民党は発言者の特定には動かなかった。だが、太田昭宏・国土交通大臣、田村憲久・厚生労働大臣、石破茂・自由民主党幹事長、野田聖子・自民党総務会長(いずれも当時)など永田町界隈からも声が上がるなど、批判の渦は広がった。

 そしてヤジから5日後の6月23日、前者については都議会自民党政調会長代行の鈴木章浩都議が、自分が飛ばしたヤジであることを認め謝罪した。後者については、誰がしたものか、ヤジがあったのかどうかも曖昧なままだった。

 セクハラヤジを認めたことで、鈴木都議は都議会自民党を離脱し、新会派「都議会再生」を結成する。だが 15年7月1日、会派を解消し都議会自民党に復帰した。ちなみに鈴木都議は、都議会自民党を離脱した際にも自民党からは離党しておらず、自民党員のままであった。現在の都議会での役職は都議会外郭環状整備促進委員会副会長、都議会自民党のなかでは建築・設備推進政策研究会幹事長を務めている。

小池都知事への汚いヤジ連発が波紋…都議会自民党が反論「不誠実な答弁をされたから」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、セクハラヤジ小池百合子・東京都知事都議会自民党の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!