NEW

アスペルガー症候群の真実…東大など高学歴な人に多い説は本当か?専門家が解説

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

東大生の四人に一人が自閉症スペクトラム疑いアリ」(原文ママ)

 昨年2月、東京大学の元大学院生が自身のツイッターでつぶやいた、こんなツイートがインターネット上で話題になった。自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、対人コミュニケーション能力や想像力、社会性などに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害で、「自閉症」「アスペルガー症候群」などと呼ばれている障害を統合した診断名だ。

 特にアスペルガー症候群は、知的能力は正常範囲かそれ以上であり、言語能力にも発達の遅れなどが見られないため、他人から理解されにくい。しかし、臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心・やり方・ペースの維持を最優先させたいという本能的志向が強いという特徴がある。

 冒頭のツイートをしたのは、三味線奏者・芸人として活動する萩原遼氏。筑波大学中退後、仕事をしつつ中央大学法学部通信教育課程を卒業、東京大学大学院法学政治学研究科に進学したという異色の経歴の持ち主だ。

 萩原氏のツイートは、東大生の4分の1がASDではないかと投げかけたもので、その衝撃的な内容に、現役東大生のみならず、脳科学者の茂木健一郎氏がこの話題についてブログで私見を述べるなど多くの著名人も興味を示し、社会に波紋を呼んだ。

 発言の真意について、萩原氏本人に話を聞いた。

集中力が高く、とことん好きなことを突き詰める


 萩原氏のツイート内容をニュースサイトが取り上げたこともあり、ネット上でもさまざまな議論が飛び交ったが、当の本人はどう思っているのか。

「J-CASTニュースさんには『あまりに断定的な主張に疑問の声が寄せられていることも確かだ』と書かれましたが、そもそも僕は『東大生の四人に一人が自閉症スペクトラム疑いアリ』としか書いておらず、まったく断定などしていません。あくまでツイートですから、真意も裏もありませんし、まして差別的意図など皆無です。なぜなら、僕自身自閉症スペクトラムですから」(萩原氏)

 意外にも、自身が自閉症スペクトラムであるという驚きの告白が返ってきた。萩原氏は子供の頃から生きづらさを感じてきたそうで、「空気が読めないという自覚がある」と語る。半年以上病院に通い、自閉症スペクトラムと診断されたという。