NEW

老舗の何十年も継ぎ足したタレやスープ、そもそも衛生的に大丈夫?こんな店は危険?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ウナギ店やラーメン店、煮込み料理店などのなかには、創業当時から継ぎ足して使っているような“秘伝”のタレやスープをウリにしている老舗が存在する。そこに歴史や伝統の重みが感じられ、客からすれば「さぞかし味も上等なのだろう」と期待が膨らみそうである。

 しかし、違う見方をしてみると、その“期待”は“食の安全性”への疑問に変わるかもしれない。

 タレやスープを継ぎ足す過程で、古い成分がだんだん蓄積し、腐敗してしまうことはないのだろうか。また、それらの成分がカビや細菌の繁殖を招き、食中毒を引き起こすなどの危険はないのだろうか。

 そこで食品衛生上の観点から判断すべく、株式会社食品微生物センター代表取締役の山口憲太氏に話を聞いた。

タレやスープの腐敗を防ぐための条件は2つ


「結論からいうと、基本的にはタレやスープを継ぎ足して使っても問題ありません。ただし、次の2つの条件を満たしているときに限ります。

 1つ目の条件は、タレやスープ自体の味が濃いかどうか。代表的な保存食品として、砂糖漬けや塩漬けなどが知られていますが、これらが日持ちするのは糖分や塩分の濃度が高いおかげなのです。継ぎ足して使われるようなタレやスープの場合、たいていは濃い目の味つけになっているでしょうから、砂糖漬けや塩漬け同様、傷みにくいと考えられます」(山口氏)

 糖分や塩分によって食品の水分活性が下がり、細菌の繁殖が抑えられるため、味が濃い食品は腐りにくいのだという。秘伝のタレやスープと呼ばれるものは、この条件を自然とクリアしやすいのだろう。

「そして2つ目の条件は、継ぎ足しの頻度が高いこと。要はお店がよく回転しているか、そのタレやスープを用いた商品がどれだけ多く出ているかが問題になります。

 たとえばウナギなら、ハケにタレをつけるタイミングで容器のなかをかき回しますので、このときに新旧のタレが混ざり合えば、古い成分が残り続けてしまうことはありません。とはいえ、お店が回転することによって元々のタレやスープが減っていかないと、新しく継ぎ足す余地もないでしょう。最低でも毎日のように継ぎ足しを行わなければ、腐敗を防ぐのは難しいでしょう」(同)

老舗の何十年も継ぎ足したタレやスープ、そもそも衛生的に大丈夫?こんな店は危険?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スープタレ食中毒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!