NEW

安倍改造内閣、早くも新閣僚に「不倫スキャンダル」浮上か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相(写真:日刊現代/アフロ)

 第3次安倍第3次改造内閣が3日夕、皇居での認証式を経て正式に発足。4日より始動した。今回の内閣改造は、永田町でどのように受け止められているのか。国会議員秘書が語る。

「あんまりパッとしないね、と皆言っています。ただ、野田聖子さんが入ったことは、私たち女性秘書からすると、すごく嬉しい。女性の入閣は2人と数は少ないですが、野田さんだけで5人分くらいのインパクトがあります。野田さんは永田町でも評価が高いです。仕事ができるし、とにかく選挙にすごく強いので」

 郵政選挙といわれた2005年の第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化法案に反対票を投じたため、野田氏は自民党の公認が得られなかったが、刺客として送り込まれた自民党公認の佐藤ゆかり氏に打ち勝った。もう1人の女性閣僚、上川陽子氏の評価はどうだろうか。

「上川さんはすごく真面目な先生で、法務大臣にとてもふさわしいと思います。文部科学委員会の筆頭理事だったのですが、野党に気を遣い過ぎてしまうくらい、すごく気を遣っていました。他の委員会だと、日程を強行に決めて採決したりすることもあるのですが、上川さんはそういうことはしませんでした」

女性といえば、安倍首相に重用されてきた高市早苗前総務相が閣外に去った。高市氏は山本拓議員との13年にわたる夫婦生活に7月、終止符を打ったばかり。

「高市さんと山本さんの離婚も衝撃でしたけど、『離婚しても山本さんは内閣に入らなかったね』という声は多いです。山本さんは、ずっと待機組。自分は大臣にならないで、大臣である妻を支えなくちゃいけないという境遇が耐えられなくなって離婚したといわれているので、今度こそ入るんじゃないかと話題になっていたのです」

岸田氏への配慮


4年半にわたり閣内にいた岸田文雄前外相が、閣外に出て政調会長に登用されたことも注目を集めている。

「留任説が強かったですよね。長くやっていて岸田さんが疲れたのかもしれないですけど、次の内閣が短命だから少し距離を置こうという気持ちの表れだったかもしれません。それに配慮して、宏池会(岸田派)から閣僚を4名選んだということで、安倍首相は『すごく気を遣っていますよ』ということを岸田さんに伝えているのではないでしょうか。他の派閥の秘書からは『宏池会に気を遣いすぎだ』という声も聞こえてきてますが」

安倍改造内閣、早くも新閣僚に「不倫スキャンダル」浮上かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、安倍首相岸田文雄野田聖子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!