NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

金利0%の銀行預金は実質大損…確実に約10%の利回りを得ている人の簡単投資法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

投資をしたいけど、始められない人たち


 投資に関するセミナーやファイナンシャルプランナー(FP)への相談などでよく聞く悩みが、「投資をしたい、しなくちゃ、とは思うんですけど、なかなか始められないんです」というもの。友達が投資でもうけたらしい、老後のために投資をしたい、数百万円が普通預金に預けたままになっている。このままではよくない、と思っていても行動に移せない。理由はたぶん3つ。

40歳で貯蓄400万円の人が、64歳まで年48万円を積み立て、その後年90万円を引き出す場合。インフレ利率と同じ金利(実質0%)で運用すれば、資金は81歳まで持つが、インフレ率が運用利率より2%高いと実質利率-2%となり、資金は76歳で底をつく。実質+2%なら97歳まで大丈夫。

(1)今、投資を始めなくても、別に困らない
(2)手続きが面倒だし、よくわからない
(3)何をどう買えばいいかわからない

 その通り。別に投資をしなくても、今は困らない。でも、はっきり言おう。今は困らなくても、将来困る。投資は将来のためだから。どう困るか。せっかく貯めたお金がどんどん目減りすることになる。

投資しないと増えない、だけじゃない


 前回は、投資しないとお金が増えないとお話しした。でも、実は投資しないと減るのである。

 日本は1991年頃からずっと20年以上、物価が上がらない状態、つまりインフレがない状態を経験してきた。これは世界で日本だけ。世界中が驚いている。そんなときは、現金や預金の価値は減らないから、投資をしなくても全然困らなかった。

 でも、日本の経済が元気になって物価が少しずつ上がり始めたらどうなるか。ちなみに、筆者の自宅の近所には有名なたい焼き店があるが、7~8月の暑い盛りは店を閉じ、少し涼しくなって9月に再開する。ところが、この前まで1個125円だったのが130円になっていた。5年前は120円だから、じわじわ上がっている。

物価上昇率が2%で、貯金金利が0%だったら、貯金はどんどん目減りする


 物価が年2%上がるということは、1年でお金の価値が2%下がること。去年の生活費は年300万円だったけど、同じ生活をするには+2%の306万円かかるということ。これが10年、20年、30年以上続いたらどうなるだろう。

 40歳で貯金400万円の人が月4万円(年48万円)をずっと貯めていき、65歳から年90万円を引き出すシミュレーションをしてみた。物価上昇率が年2%で、預金金利が0%なら、実質の運用利率はマイナス2%となる。これと、物価上昇率と同じ利率で運用した場合(=実質金利0%)、物価よりも+2%で運用した場合の3つを比べてみた。

金利0%の銀行預金は実質大損…確実に約10%の利回りを得ている人の簡単投資法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、年金生活投資信託老後の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!