NEW

市販のクリスマスケーキは要注意?発がん性や内臓障害の恐れも指摘…子どもは避けるべき?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 筆者が子どもの頃、毎年12月26日になると、隣のおばさんがあるケーキ店の大きなデコレーションケーキを持ってきてくれました。どうしてクリスマスが終わってからなのか不思議に思い、ある年、おばさんに聞くと、こう答えたのです。

「義兄がケーキ店の株主で、売れ残ったケーキをたくさん持ってくるのよ。半年前から、クリスマスのためにたくさんつくって保存しておくのだけれど、今年はお祭りのような東京オリンピックが終わって気が抜けてしまったのか、クリスマスケーキもあまり売れなかったそうよ」

 クリスマスのシーズンになると、この「1日遅れのクリスマスケーキ」のことを思い出します。それから半世紀たちましたが、大手菓子会社が半年も前からクリスマス用ケーキを製造しているのは今も変わりません。半年間も品質を保つには、いくら冷蔵倉庫に保管しても保存料、安定剤などの食品添加物が不可欠です。子どもたちの大好きなケーキですが、これでは添加物の健康への悪影響が心配され、悪魔のプレゼントになりかねません。クリスマスケーキには、安心できる手づくりケーキか、あるいは添加物を極力使っていないケーキを町の良心的なケーキ屋さんで買って子どもたちと食べてください。

 ケーキを選ぶ際の最大の注意点は、どこの菓子メーカーのものにするかということです。大手チェーン店やコンビニエンスストアのケーキは、できるだけ買わないほうが無難です。

 市販のケーキのほとんどには、ガゼインナトリウム、カロテン色素、加工デンプン、乳化剤、リン酸塩、膨張剤が添加されています。特に、子どもに摂取してほしくない添加物は、加工デンプン、リン酸塩、膨張剤です。

 加工デンプンには11品目ありますが、欧州食品科学委員会(SCF)は、ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン、ヒドロキシプロピルデンプンの2品目について、「製造工程で用いられる化学物質の『プロピレンオキシド』は、遺伝毒性、発がん物質であることが否定できない」との理由から、「乳幼児向け食品に用いるべきではない」としています。

 加工デンプンは一括表示されているので、11品目中、どの品目を使っているかは消費者には判断できませんが、ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン、ヒドロキシプロピルデンプンの2品目を使っているケースがほとんどのようです。食品メーカーが加工デンプンの具体的な品目を表示しないのですから、「加工デンプン」と表示されている食品は避けたほうが賢明です。

市販のクリスマスケーキは要注意?発がん性や内臓障害の恐れも指摘…子どもは避けるべき?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アルミニウムクリスマスケーキ発がん性膨張剤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!