NEW

米国、北朝鮮・金正恩をサリンガスで殺害計画か…来年の平昌五輪後が濃厚

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軍事アナリストの西村金一氏
 アメリカのドナルド・トランプ大統領と中国の習近平国家主席は、北朝鮮をどうするつもりなのか――。


 11月20日付記事『中国、北朝鮮の核兵器を管理か…日本にとって最悪のシナリオ』では、北朝鮮をめぐる米中の思惑や「核保有を容認」という妥協案などについて、元防衛省で軍事アナリストの西村金一氏の話をお伝えした。

 かねてささやかれているのが、米軍が金正恩朝鮮労働党委員長を暗殺する「斬首作戦」の存在だ。西村氏は、以下のような見方を示す。

「今、アメリカと中国、日本と韓国もそうですが、一致しているのは『金正恩がいなくなって、北朝鮮がまともな国になればいい』という点です。そこで有効な手段として考えられるのが、金正恩を殺害すること。いわゆる斬首作戦です。

 アメリカと韓国で作成した『作戦計画5015』に斬首作戦についても載っていますが、基本計画なのであまり詳しくは書いていません。『実際に軍事行動を起こすのであれば、金正恩の殺害計画の可能性もある』という程度で1~3行くらい。斬首作戦の全貌は公開されていません。

 平壌の山の中をくり抜いてつくられた平壌防御司令部を戦術核で撃つ、巡航ミサイルで金正恩のいる建物を狙う、無人機で攻撃する、戦闘ロボットで攻撃する、スパイが暗殺する……斬首作戦といっても、さまざまなバリエーションがあります。

 ただ、ウサーマ・ビン・ラーディンをパキスタンで殺害したときのように、米海軍の特殊部隊『ネイビーシールズ』が極秘裏で実行するという計画は難しいでしょう。金正恩のまわりには、常に数万人の護衛軍団がいます。これはSPレベルではなく、ひとつの軍団ですから。さらに、そのまわりには平壌を守る軍団が組織されています。金正恩の身辺は、二重三重に守られているわけです。

 仮に特殊部隊が入り込んで金正恩殺害に成功したとしても、数万人の兵士に囲まれて逃げられなくなります。北朝鮮でアメリカ人が捕まって殺害されるということになれば、アメリカの世論やマスコミは大変なことになるため、これは現実的ではありません。

 斬首作戦の話をすると、『話し合いで解決すべきだ』という批判の声が必ず上がりますが、そもそも話し合いが通用する国ではないから問題になっているわけです。他国に入り込んで拉致やテロをやっている国ですよ。仮に合意しても、それが守られる保証もありません。

 しかし、金正恩には『言うことを聞かなかったら殺される』ということを実感させなければなりません。自分の命と核保有のどちらが大事か。『命が惜しい』ということで中国への亡命を選び、その結果として金正恩体制が崩壊する、ということでもいいわけですから」(西村氏)

韓国軍から流出した軍事機密は偽データ?


 自分の叔父である張成沢をはじめ、朝鮮労働党や軍の実力者たちを次々に粛清してきた金正恩体制には、それゆえの弱点があるという。

米国、北朝鮮・金正恩をサリンガスで殺害計画か…来年の平昌五輪後が濃厚のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アメリカ中国北朝鮮平昌オリンピック金正恩韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!