NEW
新田ヒカル「気づいてますか?ケータイのこんな話」

スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン(スマホ)を利用していると、容量不足問題に直面することがあります。「ストレージの空き容量がありません」などと表示され、「あぁ、容量を空けなきゃ」と対策を迫られます。

 Android端末であれば、SDカードを使って容量をアップさせたり、パソコンにデータを移したりといったこともできますが、iPhoneの場合はあとから容量を増やすことができないため、困ってしまいます。

 そこで今回は、スマホのストレージ容量を確保するための方法を紹介します。空き容量を増やすテクニックはいくつもありますが、なかでも大胆に容量を空けることができるものを中心に5つ紹介します。

1.まずはストレージを消費しているアプリを特定

・iPhone
「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」

・Android
「設定」→「ストレージ」

 確認方法はOSやそのバージョンによって異なりますが、おおよそ上記の方法で確認できると思います。まずはこの画面で、どのアプリがストレージを消費しているかを確認し、不要なアプリは削除してください。



2.キャッシュを削除

 一部のアプリは、使用するたびに「キャッシュ」と呼ばれるファイルをスマホに蓄積していきます。キャッシュを蓄積することによって、表示を高速化させたり、データ通信量を抑えているのです。このキャッシュという機能には、ストレージを消費するデメリットもあります。

 一例に、人気ニュースアプリ「SmartNews」の場合、数百MBものキャッシュを保持しています。このキャッシュをクリアすることで、空きストレージを増やことができます。

・キャッシュクリアの方法 (「SmartNews」の場合)
「設定」→「SmartNews」→「次の起動時にキャッシュをクリア」

「dマガジン」などの雑誌アプリ、マンガアプリなどは、このキャッシュクリアで大きな空き、ストレージを確保できることが多いです。

 キャッシュのクリアの方法はアプリによって異なり、上記のように設定画面からアプリ名を探すタイプと、アプリを起動してからアプリ内の設定画面でクリアするタイプがあります。



スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、iPhoneストレージ容量スマホの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!