NEW
米山秀隆「不動産の真実」

シングルマザー移住者を、金銭支給と仕事提供で呼び込むまち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大分県竹田市 HP」より

移住者のターゲットを絞る戦略


 近年は東京圏への人口移動が増える一方、人口減少に悩む地方では、空き家などに移住者を呼び込む競争が激しくなっている。移住者呼び込みのため、手厚い経済的支援を行っている自治体も少なくない。こうした施策の多くは、広く地域への移住者を求めるものであるが、ターゲットが広くなると、訴える力が弱くなるという難点がある。

 これに対し、移住者呼び込みの戦略として最近注目されているのは、自治体にとって来てもらいたい人材のターゲットを絞り、重点的に支援するというものである。

 このタイプの人材呼び込み策として、第一に、現に手に職を持つ人にターゲットを絞り、地域産業振興などに資する人材を優遇して迎えるというものがある。第二に、地域活性化に資する具体的な事業の提案を募集し、優秀者に活動資金を与え、実際に起業してもらうというものがある。第三に、地域で不足する職種、例えば介護職に就いてもらう条件で、シングルマザーなど特定の人に来てもらうというものがある。

 いずれもターゲットは絞られるが、ターゲットになる人に深く訴え、挑戦してみようという気を起こさせる点で共通している。自治体にとっては、第一のタイプは手に職を持っているため、職の心配をする必要がなく、第二のタイプはその提案を実現するための支援を行えばよい。第三のタイプは、働く場はすでに決まっている。いずれも職がないことによって、移住する人がいないとの心配をする必要がない。第一のタイプとしては大分県竹田市、第二のタイプとしては島根県江津市、第三のタイプとしては島根県浜田市がある。

大分県竹田市の伝統工芸職人の呼び込み


 竹田市は大分県南西部に位置し、75歳以上の割合が全国1位になるなど、高齢化と人口減少が著しく進展している。都会から農村への移住・定住の受け皿となるため、2009年から、移住者へのワンストップサービス、空き家の改修費補助などの施策を打ち出してきた。

 なかでも特徴的な施策が、竹工芸・紙すき・陶芸などの分野で、空き家・空き店舗を活用して起業する場合の補助制度(最大100万円)である。移住者を募る場合にネックになるのが、職の確保である。竹田市のこの仕組みは、地域の伝統工芸の分野で、すでに手に職のある人に移住してもらうことにより、職の問題を解決しようというものである。12年には全国に知られる大阪府出身の竹工芸家が移住するなど、10件以上の補助を行っている。

シングルマザー移住者を、金銭支給と仕事提供で呼び込むまちのページです。ビジネスジャーナルは、連載、シングルマザー大分県竹田市島根県江津市の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!