NEW

日本の中小企業は、とっくにデジタル・トランスフォーメーションを実践している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

「トランスフォーメーション(Transformation)」の第一義は、「(形態・外観・性質・状態などの)変化、変形、変質」、第二義は「(昆虫などの)変態」という。フォーメーション(陣容、編成)とトランスファー(トランス:向こう側、ファー:運ぶ=移動、転送、移転)が結びついた言葉と理解していいようだ。

 これに「デジタル」を加えた「デジタル・トランスフォーメーション」は、今年一番の“バズワード”になりそうだ。一言で定義するのは難しいが、クラウドコンピューティングやIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ビッグデータ、RPA(ロボットによる業務自動化)などの新しいICT(情報通信技術)が創出する変革という概念を意味する。

GDPを11兆円押し上げるという調査も

 
 IT業界では、コンピュータが産業界に普及し始めた1960年代から、バズワードがビジネスに結びついてきた。ユーザーがそれに踊らされて投資を拡大し、IT業界は利益を得た。トリック(まやかし)でもフェイク(偽造、模造)でもなく、程度の差はあれ、それらのバズワードは実現可能性が皆無だったわけではないからだ。

 また、IT業界では何かにつけ米国発の用語をアルファベット頭文字で略し、符号のように使用する。IoT、AI、RPAといった具合だ。デジタル・トランスフォーメーションなら「DT」、映画やアニメの世界で「トランスフォーメーション」が「TF」と略されているので「DTF」なのだが、交換・変換(Exchange)の意味を込めて「DX」が使われている。

 つい最近、マイクロソフトと市場調査会社のIDC Asia/Pacificは、「製造業のDXが、2021年までに日本のGDPを約11兆円、年間成長率を0.4%押し上げる」と発表した(『Unlocking the Economic Impact of Digital Transformation in Asia』より)。日本のGDPは18年が555兆円と予測されているので、11兆円なら約2%だ。

 この調査でもDXについて具体的な言及はないのだが、

・(A)データ収集→(B)製品やサービスの最適化→(C)ビジネスモデルの創成
・(1)顧客からの評判・ロイヤルティ・顧客維持率
・(2)生産性
・(3)利益性
・(4)コスト
・(5)新しい製品やサービスによる売り上げ

という3ステップ・5指標をあげている。

日本の中小企業は、とっくにデジタル・トランスフォーメーションを実践しているのページです。ビジネスジャーナルは、IT、IoTデジタル・トランスフォーメーションバズワードの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!