NEW

村田諒太「世界戦決定」も「暫定王者と決定戦」で少々残念!? 世界レベル選手との戦いは初も、その上には最強「スーパー王者」が......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
murataryouta.jpg
村田諒太公式フェイスブックより

 帝拳ジムは3日、同ジムに所属する村田諒太が、5月20日に東京・有明コロシアムで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦に出場すると発表。ロンドン五輪金メダリストの村田が、プロとして初の世界戦に挑むこととなった。

 プロ転向後12戦12勝9KO無敗。現在WBA2位の村田は、同1位で暫定王者のアッサン・エンダム(フランス)と対戦する。竹原慎二以来のミドル級世界王者となれるかに注目が集まっているが......。

 ファンの間では、「暫定じゃなく、チャンピオンとの決定戦が見たかった」という声は多い。無論、世界ミドル級の王座に挑戦するだけでも日本人にとっては相当な出来事だけに、応援の声が大多数だが、やはり「強いチャンピオンに挑戦して王座を取る」ことにロマンを抱くファンは多いということだろう。

 ただ、村田が戦うエンダムは、世界ボクシング機構(WBO)の王座に就いた実績もある強豪で、当然ながら厳しい戦いとなることは明白。これまで無敗の村田だが、世界的な選手との対決はこれが初となり、いよいよ「真の実力」を問われる日がきたということか。

 世界的にも層が厚いミドル級で王座に挑戦できるだけでも相当な快挙。ただ、その上にはさらに最強の選手が......。

「WBAには『スーパー王者』制度があり、WBAでは同団体以外のタイトルを同時に獲得した王者を『スーパー王者』として認定しており、現在その地位にいるのはカザフスタンのゲンナジー・ゴロフキン。37戦37勝33KOと、まさに世界最強の男です。ゴロフキンと村田が戦う機会はないかもしれませんが、上には上ですね」(記者)

 世界は広く、そして遠いようだ。それでも村田が、世界ミドル級のベルトを巻く姿が見たい。

村田諒太「世界戦決定」も「暫定王者と決定戦」で少々残念!? 世界レベル選手との戦いは初も、その上には最強「スーパー王者」が......のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、ミドル級世界戦村田諒太の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!