NEW

パチンコ『コードギアス』初打ちに厳しい声相次ぐ...... 「煽りがやばい」「意味不明」不評を覆す"逆転要素"は存在しているのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ『コードギアス』初打ちに厳しい声相次ぐ...... 「煽りがやばい」「意味不明」不評を覆す逆転要素は存在しているのか?の画像1


 今月19日、注目の新機種『CRコードギアス 反逆のルルーシュ ~エンペラーロード~』(Bisty)がホールへデビューを果たし、大きな注目を集めている。

 本機は、戦況によって大当たり期待度が変化する新概念「チェックメイト」システムを搭載し、筐体左側にある戦況ランプ「決戦」「守勢」などで自軍の優勢度を示唆。戦況に応じて発展先や演出期待度が変化し、ユーザーを飽きさせない新要素が盛り込まれている。

 また、出玉性能も大変魅力的だ。大当たり確率約1/319、確変継続率約65%でありながら右打ち中の60%が2000発を超える強烈なスペック。ヘソ・電チューともに通常大当たり後は時短50回が付与されるなど、安定さも兼ね備えるスペックとなっている。

 大型アニメ版権という知名度に加え、2000発オーバーという出玉感も味わえるスペックに導入前は「是非打ちたい」「ギアスなら並ぶ」と期待する声が寄せられていた。

 しかし、実際に遊技したユーザーからは批判的な感想が相次いでいる。不満の対象はスペック面のみならず、演出面に対しても向けられているようだ。

「右打ち中の60%、つまり確変継続時の92%が2000発を獲得できるスペックに期待したユーザーは多かったみたいですね。最近導入された2400発搭載の『Zガンダム』と類似しているだけに、当然といえますが......。

やはり、時短50回という少なさが不評のようです。確変突入率50%で継続率65%、必ず100回の時短が付与される『Zガンダム』の間を取ったスペックに見えますが、その中途半端さがよろしくないようですね。

また、新たに搭載された新概念『チェックメイト』も現在の評判を見る限り、ウケが悪いです......。『よくわからない』『派手な割に当たらない』など新システムに付随して、全体的な演出を指摘する意見も多いですよ」(記者)

 導入直後からスペック・演出面、パチンコ機全体に対して不満の声が上がる現状。これから人気機種へなるには大変厳しいと考えられるが......。

パチンコ『コードギアス』初打ちに厳しい声相次ぐ...... 「煽りがやばい」「意味不明」不評を覆す"逆転要素"は存在しているのか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、コードギアスパチンコ新台の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!