NEW

パチスロ「激甘」攻略機が"不朽の名作"で復活!? 5号機「最高クラス」スペックにも懸念要素あり?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「激甘」攻略機が不朽の名作で復活!? 5号機「最高クラス」スペックにも懸念要素あり?の画像1


 パチスロの出玉性能は1~6段階の「設定」によって管理されていることは言うまでもない。理論上、設定1ではユーザー側は損失しその逆に設定6はプラス収支で終えることが可能である。

 例えば、ノーマルタイプの代表機種『アイムジャグラーEX‐AE』(北電子)の場合、設定1の出玉率は「95.9%」と投入メダルに対しての返り値は100%以下のため理論的に損失することになる。一方、設定6は「105.2%」と使用メダルよりも多く放出される計算となり、差玉はプラスとなるのだ。

 このように設定によって「出玉率」が管理されているパチスロ機。可能であれば誰もがプラスとなる「設定」を望むだろう。高設定を追い求めることはユーザーにとって自然な行為だが......。

 そういった行動をせずとも理論上「プラス」になる新機種が登場するとの情報が舞い込んできた。サミーが先日、復刻を発表した「不朽の名作」だ。

「今月に検定を通過した『ディスクアップ』ですね。本機はボーナス+ARTスペックで、ボーナス合算確率は1/182.6~165.9と設定に左右されない仕様いえるでしょう。また、ビッグボーナス偏向型スペックのようで出玉感も堪能できると思いますよ。

ART性能は目押しでG数を獲得する「DJ ZONE」、ヒキで継続をつかみ取る「DANCE TIME」と性能が異なる2種類のARTを搭載しています。同色BBさえ引くことができれば、容易にARTに突入させることが可能のようです。

そういったこともあり、本機「設定1」の出玉率はプラス収支が濃厚な『アイムジャグラー』の設定5に匹敵するとか。この情報が正確であれば、5号機史上「最高クラス」の甘さですね」(記者)

パチスロ「激甘」攻略機が"不朽の名作"で復活!? 5号機「最高クラス」スペックにも懸念要素あり?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、サミーディスクアップパチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!