NEW

産経新聞の改竄・捏造事件、謝罪に追い込んだマスコミ誤報検証サイト「GoHoo」の威力

文=鷲尾香一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

 今回の問題について楊井代表理事は次のようにコメントしている。

「今回は実際にしていないコメントを掲載したという点で捏造に近いといわれても仕方のない事案であり、単なる誤報で済まされる問題ではない。まったく取材せず一からコメントを捏造した事案とも異なり、もともと取材してコメントを得ていたが、その後に状況が変化し、再度の取材を怠って無断でコメントを流用し、一部を改竄したという珍しいケースだ。ただ、産経が、同機構が問題を指摘した後ではあるが、すみやかに記事取り消しとおわびを決めたことは評価したい。これからは、事実関係を徹底的に調査して原因と問題を明らかにし、結果を紙面で報告して、再発防止の教訓にすることが大事だ」
(文=鷲尾香一/ジャーナリスト)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合