NEW

ヤンキースの背番号やグリーンモンスターに隠された秘密とは…大リーグを10倍楽しむ裏エピソード

【この記事のキーワード】, ,

 これは実はモールス信号。解読すると「TAY」と「JRY」となって、レッドソックスの運営に生涯を捧げた前球団オーナー夫妻のイニシアルになるのだそうです。

 球場内の小さな一角のことですからファンが実際に目にする機会は多くありませんが、今のアメリカ野球を作りあげた先人達の努力に敬意を表す意味で覚えておきたいですね。

 『ヤンキースのユニフォームにはなぜ選手の名前がないのか?』(鈴木友也/著、日経BP社/刊)には、日本のプロ野球とは大きくことなるメジャーリーグ球団の経営手法や、長い歴史の中のエピソードなど、アメリカ野球、特にメジャーリーグにまつわるマニアックな裏話がまだまだ取り上げられています。

 まだまだ球春は先ですが、冬の間に予備知識を入れて、野球をさらに楽しみたいところですね。
(新刊JP編集部)

関連記事

プロ野球二軍の“過酷な現実”
「人格者ではない人もいる」高校野球監督の実態
“甲子園のヒーローたち”の栄光と挫折、そして今
“無敗の男”ヒクソン・グレイシーに恋愛相談をしてみた

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合