NEW

白米の食べすぎは危険? 糖尿病リスク増?パンは米より脂質8倍、糖尿病患者の半数は危機意識なし

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、糖質制限ダイエットが流行っているが、極端な糖質制限は身体に悪影響を与えかねないというわけだ。

●玄米にもデメリット


 また、最近では白米を食べることのデメリットが指摘されることも多いため、白米よりも栄養価が高いとされる玄米を好んで食べる人も多いが、果たしてこれは身体に良いことなのだろうか。

「白米は精製している分、玄米に比べるとビタミンやミネラル、食物繊維が少なく、血糖上昇作用も強いことは事実です。例えば、玄米は白米に比べてビタミンB群は約8倍、食物繊維は約4倍含まれています。ただ、玄米は消化吸収率が悪く、胃腸があまり強くない方にはお勧めできません。一方で白米は消化吸収率がいい。一概に『どちらを食べたほうがいい』とはいえないですね」(同氏)

 健康的な身体を手に入れるためには、偏った食生活を脱して、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切といえるだろう。
(文=千葉雄樹/A4studio)

白米の食べすぎは危険? 糖尿病リスク増?パンは米より脂質8倍、糖尿病患者の半数は危機意識なしのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ダイエット白米糖尿病の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事