NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

1杯3千円、「幻の世界最高級コーヒー」が日本でも飲める!絶句必至のブッ飛びの味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そんな高いコーヒーはそう売れないように思うが、「サザコーヒー本店では2日に1杯程度、全店では1日に2~3杯ご注文がありました」(鈴木氏)という。表現が過去形なのは、提供数に達して品切れとなったためだ。

 17年の「ベスト・オブ・パナマ」で落札したコーヒー豆は、10月に店頭に出る予定だという。このなかには「1ポンド当たり601ドル」(約454グラム当たり約6万7300円=当時の為替レート)と、史上最高値でサザコーヒーが共同落札した豆もある。店頭でのコーヒー豆、コーヒー1杯の価格は未定とのこと。果たして、いくらで販売されるのだろうか。

 今回、筆者もパナマ・ゲイシャを試飲する機会に恵まれた。まず4種類の豆をブレンドした「サザ・スペシャル・ブレンド」を一口飲んだ後で、ゲイシャ(「シングルオリジン」と呼ばれる単独の豆)を飲むと「なんだ。このコーヒーは?」と思った。フルーツ感があり、チョコレートのような残り感もある。自分がイメージしてきたコーヒーの味とは明らかに違うのだ。関心のある人は、ゲイシャを単独で飲んでも違いがわかりにくいので、ほかのコーヒーと飲み比べるとよいだろう。

「ワイン」と似てきた「コーヒー」

エスメラルダ農園の「果実干し」風景
サザコーヒー本店のカウンター

 コーヒーは、栽培された果実をかじれば、強い・弱いといった違いはあるがフルーティーな味がする。農作物なので、気象条件や環境によっても、果実や中の豆の状態が左右されてしまう。

 また、冒頭で紹介したように、日本に輸入されるコーヒー豆のうち、「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる豆は5%程度にすぎず、最高級品種はそのなかでもごくわずかだ。同じ品種でも農園によって味が異なり、同じ農園産でも栽培条件で味が変わる。たとえば次のような表記となる。

「パナマ・ゲイシャ ナチュラル ××農園」
「パナマ・ゲイシャ ウォッシュ ××農園」

 ナチュラルとは「果実干し」の意味で、お米のようにコーヒー果実をそのまま天日干しするもの。一方のウォッシュは「水洗式」の意味で、果実の中の豆を取り出し、きれいな水で洗うものだ。一般にナチュラルは「フルーツに酵母菌がつき、干し柿のようになる」(太郎氏)という。

 こうして考えると、コーヒーはワインの世界に似ている。「品種」「テロワール(土地)」「生産者(農園)」「栽培」によって異なるからだ。コーヒーの場合は、生豆の特性を生かした焙煎方法が「浅煎り」「中煎り」「中深煎り」「深煎り」まであり、それ次第で味も変わる。

 気候も過ごしやすくなり、温かいコーヒーが楽しめる時季となった。秋の夜長に、豆ではブレンド、シングルオリジン、さらにはエスプレッソ、カフェラテ、カプチーノなどさまざまな味が楽しめるのは贅沢な環境といえよう。10月1日は「コーヒーの日」でもある。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)

高井 尚之(たかい・なおゆき/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)
1962年生まれ。(株)日本実業出版社の編集者、花王(株)情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。出版社とメーカーでの組織人経験を生かし、大企業・中小企業の経営者や幹部の取材をし続ける。足で稼いだ企業事例の分析は、講演・セミナーでも好評を博す。最新刊に『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)がある。これ以外に『カフェと日本人』(講談社現代新書)、『「解」は己の中にあり』(講談社)など、著書多数。
E-Mail:takai.n.k2@gmail.com

1杯3千円、「幻の世界最高級コーヒー」が日本でも飲める!絶句必至のブッ飛びの味のページです。ビジネスジャーナルは、連載、スペシャルティコーヒーパナマ・ゲイシャブルーマウンテンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事