NEW
中曽根陽子の教育最前線

大学入試、2020年より「生きる力」問う形態へ大転換…従来の授業では対応不可

文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

探究的な学びが生きる力を育てる

 この3つの力はバラバラではなく、関連して高めていくものですが、すでにこれからの学校教育で育む力の目標として、小中学校でも取り組みが始まっています。それが、探究型の学習です。これは、先生が一方的に教えるのではなく、生徒が協力しながら主体的に学ぶ学習のこと。そのなかで、自分で考え、表現することを大切にします。そのような学習方法を、「主体的・対話的・深い学び=アクティブラーニング」とも表現しています。

 親世代は、学んだ知識を当てはめて問題を解くという教育を受けてきましたが、今のように、複雑かつ変化の激しい社会では、過去に学んだ知識だけを使って解ける課題はほとんどないといってもいいでしょう。

 今回の大学入試改革の裏には、日本の将来の担い手を育てるという目的があるのはもちろんですが、子どもたちが自分で人生を切り開いていける力を身につけるためにも、大学入試改革と小中高の学習指導要領改訂をセットにした今回の教育改革が成功することが必要なのです。
(文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト)

●中曽根陽子
教育ジャーナリスト。小学館を出産のため退職後、女性のネットワークを生かした企画編集会社「ワイワイネット」を立ち上げる。 “お母さんと子ども達の笑顔のために”をコンセプトに数多くの本をプロデュース。子育て中の女性の視点を捉えた企画に定評がある。教育現場の取材、著名人インタビュー経験が豊富で、紙媒体からWeb連載まで幅広く執筆。近年は海外の教育視察や講演活動も行う傍ら「子育ては未来を担う人材育成」と捉え、母親自身が学ぶための「MotherQuest」を主宰。中学受験に関しては「受験を親子の成長の機会に」という願いを込めて『後悔しない中学受験』(晶文社) 『子どもがバケる学校を探せ!中学校選びの新基準』(ダイヤモンド社)『お母さんのためのはじめての中学受験必勝ガイド』(メイツ出版)などを執筆。近著に『1歩先いく中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい』(晶文社)がある。

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合