NEW
片山修「ずだぶくろ経営論」

NASAも認めた、社員たった100人のグローバル企業…米国シェア5割の商品も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三鷹光器社長の中村勝重氏

 典型的なオンリー・ワンの中小企業である。

 創業51年、従業員100人足らずの三鷹光器は、もともと天体望遠鏡や人工衛星搭載用の測定機器メーカーだった。その卓越した天文技術を生かして、医療、産業用機器、太陽熱発電などの最先端分野にも進出するなど、世界でも他の追随を許さない特異な技術を誇る。

 年間売上高は約30億円で、収益の柱は1988年に進出した医療機器、なかでも手術用顕微鏡だ。「医療分野をやるからには、もっとも難易度の高い脳の分野に挑戦しようと考えました」と、三鷹光器社長の中村勝重氏は語る。脳外科手術は0.1ミリ単位の繊細さが求められ、しかも時間との闘いだ。ところが、手術に用いられる顕微鏡は、手術中に動かすと、見るべき箇所を見失ったりピントがずれたりして、合わせ直すのに時間がかかるという課題があった。

「設計図は、現場にあり」を信条とする中村氏は、手術用顕微鏡の開発に先立ち、「現場を見せてほしい」と、脳外科医に頼み込んだ。手術室の端の不潔区域に8時間立ちっぱなしで脳外科手術に立ち会い、現場の様子をつぶさに観察した。

 その結果、生まれたのが「手術用顕微鏡スペースポインターシグナスFM‐2」だ。中村氏は平行四辺形の原理を応用し、顕微鏡を自在に動かしても焦点を逃がさない仕組みをつくった。その際、ポイントになったのは、天文機器には欠かせないオートフォーカスの技術を応用し、動かしてもピントがずれないようにしたことだ。

 三鷹光器は、1990年に独光学機器メーカー大手ライカ(当時ウイルド・ライツ)と提携した。94年には、全体の形状も変えた。機器本体は執刀医の背後に置き、アームが頭上から下りてきて、手元で顕微鏡を操作する仕掛けにした。これならば、手術中も機器が医師やスタッフの邪魔にならず、医師は手元スペースを十分に確保できる。この「OHスタンド」は、現場から高く評価された。そのアイデアは、まさしく現場観察から生まれたものだ。

 さらに、2004年には最大倍率50倍という超高倍率の高解像度手術顕微鏡「MM50/YOH」を開発した。これにより、従来の10分の1、約0.05ミリの血管の吻合が可能になった。現在、後継機種の「MM51」の最大倍率は77倍である。

NASAも認めた、社員たった100人のグローバル企業…米国シェア5割の商品ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、NASA三鷹光器手術用顕微鏡の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事