NEW

異質な銀行:スルガ銀行の危機…「かぼちゃの馬車」向け融資を独占

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スルガ銀行本店(「Wikipedia」より/Kamonegi101.3)

 不動産会社スマートデイズが運営しているシェアハウス「かぼちゃの馬車」のオーナーが、危機に瀕している。スマートデイズが管理する総部屋数は1万室を超えるとみられ、オーナーが銀行ローンを組んでハウスを保有し、スマートデイズが家賃を保証する仕組み。8%という高い投資利回りに釣られてオーナーになった人の多くは一般の会社員で、そのオーナーに独占的に融資しているのがスルガ銀行だ。

 スマートデイズは今年1月、オーナーへの賃貸料の支払いを停止した。このため、銀行への融資の返済ができずに、破綻に追い込まれるオーナーが続出する懸念が高まった。一方、スルガ銀行も貸し倒れにより多額の不良債権が発生する懸念が浮上している。すでに金融庁は、スルガ銀行に対して銀行法に基づく報告徴求命令を出している。また、オーナーらで構成する「スマートデイズ被害者の会」は、スルガ銀行に対し集団訴訟を検討中だという。

同族経営を守り続ける稀有な銀行


 筆者は、『創業家物語』(講談社)でスルガ銀行を取り上げている。

 2007年10月、郵政民営化に伴い、ゆうちょ銀行が発足した。親会社の日本郵政社長の西川善文は地方銀行に住宅ローンでの提携を呼びかけた。ゆうちょ銀行が代理店となって地銀の住宅ローンを委託販売する見返りに、住宅ローンのノウハウを教えてほしいという内容だった。地銀各行は投資信託の販売でゆうちょ銀行の強力な販売力を見せつけられていた。住宅ローンのノウハウを手に入れれば、いずれ自前で住宅ローンを手掛けることになる。全国地方銀行協会は内々に「ゆうちょ銀行と住宅ローン提携はしない」と申し合わせていた。

 唯一、オファーに応じたのがスルガ銀行。地銀協の申し合わせは機関決定ではないから、「スルガ銀行が抜け駆けした」とは口が裂けても言えない。当時の岡野光喜社長(スルガ銀行は頭取とは呼ばず社長)は「確信犯的な抜け駆けをした」(有力地銀の頭取)といわれた。決断の速さで知られるスルガ銀行は創立以来、2016年に米山明広が社長に就任するまで、同族経営を守り続ける稀有な銀行だった。

 スルガ銀行の創業者は岡野喜太郎、2代目頭取は岡野豪夫、3代目頭取は岡野喜一郎、4代目が岡野喜久麿・そして5代目のトップに立ったのが岡野光喜である。岡野光喜の代になって頭取ではなく社長に呼称が変わった。岡野光喜が社長で弟の岡野喜之助が副社長だった。

異質な銀行:スルガ銀行の危機…「かぼちゃの馬車」向け融資を独占のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ゆうちょ銀行スルガ銀行住宅ローンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事