NEW
ミドルエッジ「懐かしい! をお送りします」

怖すぎて大人になっても見たくない、本当に怖い「まんが日本昔ばなし」3つのお話

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


参考画像:『まんが日本昔ばなしDVD-BOX 第2集』※紹介作は収録されていません

 あなたにとって「懐かしい」とはどんな情景でしょうか?

 1970~90年代の「懐かしい」を集めたのが「ミドルエッジ」。あなたの記憶をくすぐる「懐かしい」から厳選した記事をお届けします。

 さて、今回振り返るテーマは、アニメ『まんが日本昔ばなし』(TBS系)でやっていた怖い話。1975年から放送されていた同番組では、時折、幼児向けとは思えないほどヘビーな話がオンエアされ、そのたびに、テレビの前の子どもたちにトラウマを植え付けていたものです。今回はその中でも、有名人が「怖すぎてもう観たくない」と言っていたり、有名漫画家が監督を務めていたりと、選りすぐりの作品を3つピックアップして紹介していきます!

■三本枝のかみそり狐


 数ある日本昔話の中で「最恐」と名高いのが、この『三本枝のかみそり狐』です。その恐ろしさは、日本昔ばなしフリークとして有名で、ほぼすべての話をVHS&DVDで保有しているという伊集院光でさえ、「怖すぎて唯一観ない」「大嫌いな作品」とのたまうほど。

 どんな話なのか、簡単に説明しましょう。

 昔、ある村はずれの「三本枝」という竹やぶに人を化かすキツネが棲んでいました。村人たちがキツネを恐れる中、村の若者「彦べえ」だけは怯えることなく、「キツネをふん捕まえてやる」と一人竹やぶへ。

 暗い竹やぶの中で見張っていると、赤ん坊を背負った娘を発見。あれはキツネに違いない……そう思いあとを追うと、娘は老婆の棲むあばら家へ入って行きました。続けざまに家の扉を開け、「婆さん、娘はキツネで赤ん坊は赤カブだ!」と告発する彦べえ。その証拠を見せてやるといい、なんと赤ん坊をいろりの火に投げ込んでしまいます。しかし、赤ん坊は赤カブに変わることなく、そのまま焼死。これに怒り狂った老婆が包丁を持って、彦べえに襲いかかります。逃げ惑う彦べえ! 命からがら寺へ駆け込み、僧侶にかくまってくれるよう懇願します。すると僧侶は「罪を償うには、仏門に入るしかない」と言われ、彦べえはやむなく出家を決意し、髪の毛を強引に剃られるのでした……。

 この話、老婆も娘も赤ん坊も僧侶も、全員キツネだったというのがオチ。ハイライトシーンは、穏やかだった老婆の顔が、孫(赤ん坊)の死をきっかけにぐるんと180度回転し、ピカソの抽象画みたいな悪鬼に豹変するところ。伊集院が「土曜の朝から、これをやる理由は何なの?」と言うほど、恐すぎる内容となっているので、気になる人は見てみると良いでしょう。

■吉作落とし(きっさくおとし)


 この『吉作落とし』も、有名な“トラウマ回”の一つ。googleで検索にかけると、「吉作落とし 助かる方法」と予測変換が出るなど、いまだに議論の対象となっているようです。

 そんな『吉作落とし』のあらすじはこんな感じ……。

 昔、ある山に、岩茸を採って暮らしている「吉作」という若者がいました。断崖絶壁の壁面に生えている岩茸を取るのは、綱一本につかまりながら採るという実に困難な作業。ある日、人里離れた山奥で岩茸取りをしている最中、崖の中腹にあった岩棚に座って休もうとしたところ、うかつにも綱を離してしまった吉作。吉作の体重を支えて伸びきっていた綱は、彼が手を離した途端に、もうつかまることのできない高さに縮んでしまったのでした。おーい! 助けてくれー! 誰かー!……必死になって叫んでも、誰も来てくれません。そして、飢えと寒さ、孤独で意識がもうろうとする中、最後は地上に向けてダイブして果てていくのでした……。なんとも救いのない話です。

怖すぎて大人になっても見たくない、本当に怖い「まんが日本昔ばなし」3つのお話のページです。ビジネスジャーナルは、連載、まんが日本昔話ミドルエッジ民話の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事