NEW

お金ができた頃には街のゲーセンが消えていた…クレーンゲームもスマホでやる時代に

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 50代なら「スペースインベーダー」、40代なら「ストリートファイター2」……少し時間があればゲームセンターに立ち寄り、ワンコインで遊んだという人は多いはずだ。しかし、そのゲーセンは今、風前の灯である。


 国内のゲーム市場規模は1兆4000億円近くにのぼるが、その多くはゲームアプリが占めており、オンラインを含む家庭用ゲームが続く。もはやゲーセンのアーケードゲームは影が薄くなり、閉鎖する店舗も増えている。

 ゲーセンは今、どうなっているのか。このまま消えてしまうのだろうか。

1980年代のピーク時から10分の1に激減


 かつて、高校生や大学生が放課後に立ち寄る場所といえばゲーセンだった。店内は昼間でも薄暗く、タバコの煙がモウモウと立ち込めていた。

 お金がないため、昭和の学生は瓶に入ったコーラを飲みながら、ひたすらデモ画面をながめた。平成に入ると、店内の雰囲気はやや明るくなったが、やはり学生はお金がないので、上手なプレイヤーの華麗なコンボ技を盗み見しつつ、店に置いてある寄せ書きノートにひたすらイラストを描いた。

 しかし、そんな「青春のたまり場」が姿を消そうとしている。

 ゲーセンは、1980年代半ばの最盛期には全国に3万店近くあったといわれる。しかし、80年代後半から減少に転じ、今では専業店は全国で3000店舗ほどになっている。ピーク時の10分の1に減少してしまったわけだ。しかも、ここ数年で廃業するゲーセンはさらに増加しているという。

 ゲーセンが減少しているのには、合理的な理由がある。業界事情に詳しいゲームジャーナリストの吉田武氏は「まず大きいのは、全体的なインカム(売り上げ)が下がっていること」と指摘する。

「アーケードゲーム業界は、40年前のインベーダーゲームの時代から『1プレイ100円』という料金形態が崩れていません。当時と比べて物価は上昇し、機材や人件費も高騰していますが、経営側のさまざまな企業努力によって価格を維持してきたのです。にもかかわらず、たび重なる消費税増税でさらなる実質値下げを余儀なくされた。その営業的なダメージは計り知れません」(吉田氏)

 業界も、プリペイドカードや電子マネーの導入などでプレイ料金を上げる試みを行ってはいる。しかし、「1プレイ100円」という“常識”は崩せず、今でも多くの店がワンコインで遊べるシステムを強いられているのが実情だという。

ヒット作減少、スマホ普及が“とどめ”に


 それでもゲーセンが存続できていたのは、時代ごとにヒット作が生まれていたからだ。

「アクションゲーム、シューティングゲーム、パズルゲームと、ジャンルごとに次々とヒット作が生まれ、家庭用ゲームが普及しても、大型筐体の『体感ゲーム』など、ゲーセンでしかプレイできない機種を投入して人気を保っていました。なかでも、『ストリートファイター2』をはじめ、90年代に爆発的ブームとなった対戦型格闘ゲームは、売り上げにも大きく貢献することになります」(同)

 さらに、「UFOキャッチャー」などのプライズ機、「プリント倶楽部」などのシールプリント機、メダルゲームのジャンルでも豪華な大型筐体が続々と開発され、手堅い人気を獲得した。

お金ができた頃には街のゲーセンが消えていた…クレーンゲームもスマホでやる時代にのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ゲームゲームセンターの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事