NEW

JR北海道、経営危機で「施設と運行分離」説…災害のたびに復旧しない路線累積

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日高線・鵡川駅

 この夏、日本はまさに災害列島と化した。

 6月中旬の「大阪北部地震」、西日本を襲った「平成30年7月豪雨」、9月上旬の「台風21号」被害、そして9月6日の「北海道胆振東部地震」。2カ月あまりの短期間に、列島各地で想像を絶する大きな被害が出た。

 一連の災害で露呈したのが、社会インフラの脆弱さである。関西ではタンカーが橋に衝突したことで、関西国際空港が一時閉鎖に追い込まれた。災害時に孤立化が懸念された海上空港の弱点が、意外な事故によって現実のものとなってしまったのだ。

 北海道を襲った地震では、天井落下や水漏れで新千歳空港が、やはり一時閉鎖に追い込まれ、発生当日の9月6日だけで200便超が欠航した。

 関空、新千歳ともに訪日外国人の利用が多い人気空港だけに、「災害に弱い空港」という印象を旅行者らに与えたダメージは大きい。

 北海道の地震では、なんといっても大規模停電(ブラックアウト)を招いた電力供給システムの問題が深刻だ。長期間に及ぶ停電、電力供給不安定の影響は、酪農から医療現場まで、ありとあらゆるところに及んだ。公共交通網への影響も深刻で、200万人近い人口を擁する大都市・札幌の道路で信号が長時間にわたって機能しないという、あり得ない事態が生じてしまった。

 JR北海道も地震発生直後から全面運休となり、ホームページさえ更新できない状況に陥った。その後、各路線は徐々に運転を再開し、HPも更新されたが、節電が続くなか、11日現在も特急の間引き運転など、全面復旧にはほど遠い状況が続いている。

災害による復旧長期化で存続の危機に

 今回の地震で、JR北海道は千歳線、日高線、石勝線、室蘭線の一部区間で線路が歪んでいる箇所が50カ所以上見つかったと発表した。室蘭線の安平駅構内では電柱が傾く被害も出たという。

 その後、11日になってHP上に「再開見込み情報」を掲載した。12日予定の富良野線から29日予定の根室線(富良野~東鹿越)などバラつきがあるが、日高線(苫小牧~鵡川)は未定となっている。

 災害による運休、復旧は鉄路の存続にかかわってくる問題だ。現に北海道では、2016年8月の台風で被災した根室線は東鹿越~新得間が、15年1月の強風・高波で被災した日高線は鵡川~様似間がいまなお運休中だ。両線とも輸送密度が低く、運休区間はJR北海道が16年11月に発表した「単独では維持困難」な10路線13線区に含まれ、復旧の見通しは立たず、バス代行輸送を実施中だ。

日高線、代行バスの案内

 日高線(鵡川~様似間)についてJR北海道は、沿線自治体との協議のなかで路線廃止とバス転換を提案。沿線自治体は線路と道路の両方を走るデュアル・モード・ビークル(DMV)や鉄道敷地跡の専用道にバスを走らせるバス高速輸送システム(BRT)などを検討してきたが、DMV、BRTともにコスト面から断念したという。

 今回の地震で線路等の被害が見つかった石勝線、室蘭線、日高線は、いずれも輸送密度が低く、一部の線区は「単独維持困難」に含まれている。仮に復旧が長期化するような事態になれば、その先はどうなるかわからない。

JR北海道、経営危機で「施設と運行分離」説…災害のたびに復旧しない路線累積のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JR北海道北海道胆振東部地震大阪北部地震平成30年7月豪雨の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事