NEW
稼ぎがUPする“カラダ改造法”

ダイエット成功後に7割の人が陥るリバウンドをしない人の「共通点」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 最近、某有名ダイエットジムのテレビCMのおかげか、街のいたるところに短期間でのダイエットを約束するジムがオープンしています。「返金保証」を謳い、効果を保証しているところも多いようです。

 どんなジムであれ、トレーナーの言うことを守り、きちんとトレーニングと食事を管理していれば、ほとんどの人が目標を達成できます。

 しかし、問題はその後で、ダイエットに成功した後、元の生活に戻り、体型も元に戻ってしまうケースが想像以上に多いのです。

 アメリカの研究では、ダイエット後にリバウンドする割合(リバウンド率)は95%といわれており、日本でも「女性セブン」(小学館/2011年8月18日号)が行ったアンケート調査では、「リバウンド率73%」という数字が出ていました。

 これは、ダイエットジムに限らず、どのようなダイエット法でも必ず起こる問題です。

 誰でも、ジムに高額の費用を払ってダイエットに取り組めば、2カ月や3カ月ならがんばれるものです。筆者も以前、同様の方法でダイエットをするトレーニングジムを経営していましたが、5年間のうち目標に到達せず返金した方は、わずか1名のみでした。

 しかし、このようなダイエットは、効果を急ぐあまり、急激に生活の変化が起こりがちです。最近は居酒屋でも、ダイエット中の方でも食べられるメニューについて、スマホで相談できるというサービスを行う店舗も出てきましたが、ダイエット期間中には飲み会すら断るという方も多いでしょう。

 食生活だけでなく、ジムでのトレーニングの増加など、ダイエットのために急激な生活の変化を行った結果、目標達成後に、その反動が出てきてしまい、元の生活習慣に戻るだけでなく、体重もリバウンドしてしまうことが多いのです。

 では、どうすればそういったことを防ぐことができるのでしょうか。筆者は3000人以上、ほとんどリバウンドさせずに身体を変えてきた経験から、もっとも大事なことは「環境づくり」だと確信しています。その理由を、簡単に説明いたします。

ダイエット成功後に7割の人が陥るリバウンドをしない人の「共通点」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ジムダイエットリバウンド成功の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事