NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

片山さつき大臣、取材中に「つけまつげ」落下でご本人が「ストップ!」と叫び取材中断

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 片山さつき内閣府特命担当大臣(写真:ロイター/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 第4次安倍改造内閣が始動しましたが、10月4日には副大臣と政務官の人事も発表されました。今回、入閣した女性は片山さつき議員だけだったので、副大臣に女性議員を大量投入してきたという印象です。

 たとえば、これまで片山大臣とことあるごとに張り合ってきた佐藤ゆかり議員が総務副大臣に抜擢されました。地元の人たちは喜んでいるのかと思いきや、「これまでもほとんど帰ってきてなかったから、そんなに変わらないね」と、お祝いムードとは程遠い感想が多かったです。

 また、永田町のおじさまたちからダントツ人気の高階恵美子議員が厚生労働副大臣に就任しました。メディア露出が少ないせいか全国的な知名度は低いのですが、厚労省出身の高階議員の実力を評価する声は多いです。その上、独特の色気もあるようで、ルックスにも定評があります。神澤も、この人事は適任だと思いました。

 また、政務官人事では、鈴木貴子議員の防衛政務官と大西英男議員の総務政務官就任が注目されているようです。大西議員は失言の多さで知られており、最近では、受動喫煙問題に関して「がん患者は働かなくていい」と言ったのが有名ですが、“余罪”はいくらでもありそうです。そのほかにも、「自民党が好きでない」と言った巫女さんのことを「巫女さんのくせにナマイキ」「口説いてやる」などと言って、自民党内からも批判の声が出たことがありました。秘書たちは、「大西さんと桜田(義孝)さん、どっちが先に失言するかな」と笑っています。

 鈴木議員については、まだ32歳という若さのほか、お父様があの鈴木宗男元官房副長官ということもあって、注目度が高いのだと思います。安倍晋三首相は、今もロシア外交で“ムネオルート”と呼ばれる宗男氏のロシア人脈を頼っているともいわれているため、どうしてもお父様の姿がちらついてしまうのでしょう。

 その宗男氏は、来年の参議院議員選挙に古巣の自民党からの出馬を模索しているとも、自民党と協力関係にあるとされる政党から出馬予定とも、ささやかれています。はっきりするのは、来年4月に行われる統一地方選挙が終わった頃になりそうですが、こちらも気になるところです。

永田町に現れた貴乃花の真意


 同じく4日の午後、衆議院第1議員会館のロビーがお祭り騒ぎのようににぎわっていました。その中心にいたのは、先日、日本相撲協会を退職した元横綱貴乃花の花田光司氏です。この日、引退の報告のために馳浩議員の事務所を訪れていたようです。

 花田氏を見かけた国会議員が「貴乃花が来てるよ」と政治部の記者に話したようで、私たち秘書の間にも「貴乃花が第1にいるらしい」との情報が広まりました。すぐに訪問先は馳事務所とわかりましたが、秘書の立場では野次馬的に見に行くこともできず……。「貴乃花、見たーい!」と無邪気に話す若い女性秘書の言葉に、心の中で「うん! うん!」とうなずいていました。

 思わぬ騒ぎになってしまったので、花田氏も囲み取材に応じていました。これは、記者が取材対象者を取り囲んだり横を歩いたりしながら行う取材のことで、ぶら下がり取材とも呼ばれます。このとき、花田氏の参院選出馬の意向や告発状の再提出に関する質問のほかに、「プロレス転向」の可能性を聞いた記者がいたことにびっくりしました。

 議員会館は専用の通行証がないと入れないので、政治部の記者しかいないと思っていたのですが、スポーツ紙の記者もまぎれていたのでしょうか。個人的には、ガチンコ相撲の花田氏にはプロレスは難しいでしょうし、今はとてもスリムになったので“プロレスラー”という感じでもないと思います。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

片山さつき大臣、取材中に「つけまつげ」落下でご本人が「ストップ!」と叫び取材中断のページです。ビジネスジャーナルは、連載、内閣改造片山さつきの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事