NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

吉澤ひとみ、アルコール依存症とコントロール障害の可能性…女性のほうが要注意

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉澤ひとみ

 酒気帯び運転でひき逃げ事件を起こし、逮捕・起訴された吉澤ひとみ被告が、保釈後埼玉県の病院に入院したと、今週発売の複数の週刊誌で報じられた。この病院は、ロケ先の滞在ホテルで女性トラブルを起こした高畑裕太や、女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也が入院していたことで知られる心療内科専門病院である。
 
 吉澤被告は、以前から酒好きで有名で、酒癖の悪さを他の芸能人から指摘されていたらしい。また、酩酊状態で番組収録に現れたとか、早朝にもかかわらず酒臭かったという証言もある。そのため、アルコール依存症の疑いが取り沙汰されているが、その可能性が高いと私も思う。

女性のほうがアルコール依存症になりやすい


 女性はアルコール依存症になりにくいと思っている方がいるようだが、これは誤解だ。実は、女性ホルモンなどの関係で、女性のほうが酒の影響を受けやすく、依存症になりやすい。酒を習慣的に飲み始めてから依存症になるまでの平均年数が、男性は20年なのに対して、女性は10年未満と約半分という統計もある。

 さすがにモーニング娘。のメンバーだった頃は酒をそんなに飲んでいなかったと信じたいが、卒業が2007年なので、それ以降に習慣的な飲酒が始まったとしても、すでに10年以上経っている。しかも、独身時代は自宅に30種類以上の酒を常時完備し、酒豪として知られていたということなので、アルコール依存症になったとしても不思議ではない。

 IT企業の社長と結婚してからは、都内一等地のタワーマンションで夫と息子と何不自由なく暮らしているように見えたが、実は育児で悩んでいたようだ。周囲に相談相手がいなかったせいか、精神安定剤を常用し、拘留中も夫が警察署に薬を届けていたとも報じられている。

 こうした状況で、女性がストレス発散のために飲酒し、依存症に陥ることは少なくない。家事をしながら憂さ晴らしのために飲酒しているうちに、やめられなくなるキッチンドリンカーも、その多くが依存症と考えられる。しかし、ほとんどの場合本人に自覚がなく、自分にはアルコールをめぐる問題など存在しないかのように振る舞う。

吉澤ひとみ、アルコール依存症とコントロール障害の可能性…女性のほうが要注意のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アルコール依存症モーニング娘。吉澤ひとみの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事