NEW

韓国、店員に土下座など強要多発が社会問題化…歪んだ特権意識、国民の鬱憤が噴出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 店員に対して過剰な謝罪要求や暴力行為に出る、いわゆる“モンスタークレーマー”。日本だけでなくお隣の韓国でも、サービス提供者への横暴な態度が社会問題となっているようだ。

 12月6日にウェブメディア「WoW!Korea」が報じたところによると、ソウルのマクドナルドで客が店員に袋を投げつける動画がインターネットに投稿されて、問題になっているという。1カ月前に起こった出来事で、商品提供が遅いと怒った男性がハンバーガーの入った袋を店員の顔に投げつけた。警察が出動する事態へと発展し、男性客は店員に謝罪したという。なお、同月にはウルサンにあるマクドナルドのドライブスルーでも、男性客が注文を間違えた店員に商品を投げつける事件が起こっている。

 トラブルはファストフード店に限ったことではない。韓国の「東亜日報」は10月19日、百貨店従業員を正座させてクレームを入れる女性客の画像を紹介した。画像はフェイスブックに投稿されていたもので、騒動は7月にヨンインの百貨店で発生。購入した化粧品に文句をつけた女性客が従業員2人に土下座を強要し、暴言を吐いたという。

 韓国のモンスタークレーマーといえば、2014年12月に大韓航空で起きた「ナッツリターン事件」が有名なところ。大韓航空副社長(当時)の趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が仁川(インチョン)空港に向かう大韓航空機のファーストクラスで、ナッツが袋のまま提供されたことに激怒。すでに動き始めていた飛行機をゲートにリターンさせて責任者を降ろし、その結果、飛行機は仁川空港に11分遅れて到着した。

 問題が大きく報じられると趙氏は「ナッツ姫」と揶揄され、のちに航空保安法違反などの罪で逮捕・起訴されることに。ちなみに趙氏の母親・李明姫(イ・ミョンヒ)氏も今年5月、運転手や工事関係者への暴行容疑で警察に出頭して事情聴取を受けたばかりだ。

 韓国内で相次ぐ同類の事件について、ネット上では「客はサービスを受けるだけの立場であって神様ではないということがよくわかる」「日本でも酔客による駅員への暴行といった問題があるから他人事ではない」「『韓国だから』という考え方ではなく、どの国でも起こりうる問題として捉えたほうがいい」と、さまざまな声が飛び交っている。

韓国、店員に土下座など強要多発が社会問題化…歪んだ特権意識、国民の鬱憤が噴出のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事