NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

なぜ日本では「ピアノをやる人」が多い?背景にヤマハの“ビジネス戦略”

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,


 そんななかでも、日本人が最初に思い浮かべる楽器は、ケージの作品の初演でも使用されたピアノであることは間違いありません。これには、あるビジネスモデルの成功が深くかかわっています。

 日本は、1960年代の東京オリンピック、1970年代の大阪万博に象徴される高度経済成長により1968年に西ドイツを抜き、GNP世界第2位に躍り出ました。当時、中流階級という言葉も広まったように、経済的に余裕のある家庭が多数出始め、「子供には、まずはピアノを!」と、ピアノブームが起きました。とはいえ、今も昔もピアノは高価で、簡単に買えるものではありません。

 実は、このブームには仕掛け人がいたのです。今や世界的な楽器メーカーとなったヤマハ楽器の当時の社長、川上源一さんが、これまでにない奇抜なアイディアを思いついたのです。それは“ピアノ貯金”というもので、「今から毎月貯金すれば、ちょうどよいお年頃にピアノが買えますよ」とのキャッチフレーズで、赤ちゃんが生まれた両親を説得し、積み立てを促したのです。

 さらに、まだピアノの椅子にも届かない小さな幼児に向けて、自社が運営する音楽教室で、「まずは音楽に親しんで」と音楽の基礎を学ばせ、“良いお年頃になった”10歳ごろになって、いよいよ本物のピアノを買ってもらうのです。

 今では、一般的となった音楽教室のビジネスモデルをつくり上げ、70年代の第二次ベビーブームの到来も大きく後押しをし、一気に多くの一般家庭の居間にピアノが置かれるようになりました。しかも、家のピアノには、教養を表す高級家具を置くような、プライドをくすぐる部分もあったのでしょう。僕も、ピアノにキズでもつけようものなら、母親からものすごく叱られたものでした。

 さて、69年にはヤマハのピアノは生産台数が世界一になり、販売額ベースでは現在でも世界一です。ピアノだけでなく管楽器や打楽器は世界的にも評価が高く、弦楽器や学校の教材楽器等を含めると100種類以上の楽器を製造している世界最大の音楽総合メーカーです。僕も各国のオーケストラに行くと、「僕の楽器はヤマハだよ。とても良いんだ」と言われることも多く、誇らしい気持ちになります。

 ピアノの販売台数は80年代にピークを迎えたのち、少子化や電子ピアノの普及もあり、現在では10分の1程度に減少しているそうですが、ピアノはしっかりと調律を続けていれば3世代にわたっても十分使える楽器なので、日本の各家庭の居間には、まだまだピアノが置かれていると思います。

 さて最後に、「奥さんがピアニストらしいね。いいよね。夜に弾いてもらって、ブランデーを傾けられるね」と、会社の同僚にうらやましがられている、ピアニストの女性と結婚したご主人も、この連載をご覧になっているかもしれません。そんな、羨ましがられているご主人の代弁をしますと、まあ、実際には、そんなことは一度もないでしょうね。

 ある時はご主人よりもピアノを大事にするかと思えば、またある時はピアノを憎んでいるのかと思うくらい、別に美しくもなんともない同じ旋律を、何度も何度もずっと怒ったように練習していたりします。そんな時にピアノ室に入って、「あのブランデーはどこにしまったっけ?」などと聞こうものなら、「邪魔しないで!」と怒鳴られるのは間違いありません。
(文=篠崎靖男/指揮者)

なぜ日本では「ピアノをやる人」が多い?背景にヤマハの“ビジネス戦略”の画像2
●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。ジャパン・アーツ所属
オフィシャル・ホームページ

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ